トプコ・アソシエーツ:ブロックチェーン技術を使用した追跡システムの試験運用開始


まとめ
米国小売り大手トプコ・アソシエーツは、マスターカードのブロックチェーン技術を使った追跡システムの試験運用を行う。同社は肉や魚介類などの追跡をするとしている。他にも世界中の食品業界では、大手企業らがブロックチェーン技術の活用を実施しており注目を集めている。

トプコ・アソシエーツは、米国最大の小売り食品グループ調達組織である。そのトプコが10月27日、マスターカードのブロックチェーン技術を使った追跡プラットフォームの試験運用を実施することをプレスリリースで発表した。

同プラットフォームは、マスターカードの「Provenance Solution」を基盤にロジスティック企業エンビジブルが開発した。トプコは同プラットフォームを使って、魚介類や肉などを追跡するということだ。

食品業界では、大手企業らがブロックチェーン技術をすでに活用している。

今月初め、米小売大手ウォルマートは、米国内への輸出用インド産エビに、ブロックチェーン基盤のサプライチェーン追跡・管理システムをIBMと共同で構築した。また中国のウォルマート今年6月に、VeChainのThorブロックチェーンを活用したサプライチェーンの食品追跡を開始している。

8月にはスイスの大手スーパーマーケットチェーンMigrosが、TEフードのブロックチェーン基盤の食品追跡システムを使用すると発表している。

また先日米国では、米コネチカット州拠点の技術調査企業ISGは、米食品医薬品局に対し、食の安全の改善に向けたブロックチェーンに関するガイドラインを明確にするように要請した。食品業界でブロックチェーン実装を促進させることが狙いだとされている。

 

ウォルマートの関連記事はこちらから

ブロックチェーン利用のドローン特許を申請 / ウォルマート

ウォルマートに引き続き、ブロックチェーンをドローンに活用 / Red Cat社

 

Previous 中国の習近平主席:ブロックチェーン導入の加速化、イノベーションの中核技術と強調
Next 中国人民銀行:商業銀行へブロックチェーン技術の導入を要請