ソフトバンク:ブロックチェーンを活用しキャリア間決済システム導入


まとめ
ソフトバンクと日本IBM、TBCASoftは、海外渡航先でも利用可能なキャリア間決済システム「CCPS」を発表した。 異なる通信事業者間での取引記録や精算を行うことができ、CCPSはそれら決済ネットワークの相互運用を実現することでモバイル決済アプリを海外店舗でも利用可能にする計画だ

10月23日、ソフトバンク、日本IBMTBCASoftは通信事業者によるブロックチェーン技術を使用した考案を発表した。3社は合弁会社である「キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ」(CBSG)で技術開発に取り組み、キャリア間決済システム「CCPS」を最初の商品として旅行先の海外でも使用できることを発表した。 

CCPSは、IBMのベースを利用してTBCASoftが展開する、キャリア間ブロックチェーンネットワークを用いる。異なった通信事業者間での取引記録や精算を可能にし、CCPSはそれら決済ネットワークの相互運用を現実化する。利用者は旅行先である海外で自身のモバイル決済アプリを使用し、現地の店舗でも精算できるようになる。

ソフトバンクはCCPSを、初めて通信事業者として取り入れることを明白にしている。同社執行役員の野崎大地氏は、「通信業界発のブロックチェーン技術の使用により世界中のキャリアと団結し、エコシステムの改革を実行する」と述べ、グローバルな企業間の提携に意欲を見せた。同社は今後のCCPSの提供の仕方や、最終契約を数か月以内に確定する計画だ。

ソフトバンクの関連記事はこちら

CBSGコンソーシアム:ブロックチェーン活用の決済システムを導入

ソフトバンクなど通信事業者、ブロックチェーン技術を利用した新しいワーキンググループ発足

Previous アート×ブロックチェーン企業スタートバーン、ホワイトペーパーを公開:今後の開発計画などを公表
Next 中国の習近平主席:ブロックチェーン導入の加速化、イノベーションの中核技術と強調