アート×ブロックチェーン企業スタートバーン、ホワイトペーパーを公開:今後の開発計画などを公表


まとめ
美術(アート)分野でブロックチェーン事業に取り組むスタートバーンは新たなホワイトペーパーを公表した。Ethereum上でスマートコントラクトを用いて構築された新システムでは、アート作品の来歴情報を記録。2020年前半に商用化、25団体での非中央集権型の運用を目指していく。

10月25日、美術(アート)分野でブロックチェーン事業に取り組むスタートバーンは新たなホワイトペーパーを公表した。

今回公表されたホワイトペーパーは、同社が開発するアート流通・評価のための共通インフラ「アート・ブロックチェーン・ネットワーク」(ABN)の仕様や今後の開発計画が記されている。

同システムでは、イーサリアム(Ethereum)上で作品情報を記録し、ERC-721トークンを用いて証明書を発行することで作品の所有権を電子的に管理。この透明性高く安全なシステムはアート業界での信用形成につながると期待されている。実際に、SBIアートオークションが主催する美術品の競売会などで利用された。

これまで1年超の実証期間を経て、運用中のテストネットはバージョン5に更新。計画では、2020年前半にメインネットでの運用を開始する予定だ。

同ホワイトペーパー公開後、プロジェクトパートナー企業から順次テスト利用を開始し、APIの公開、協議会メンバー募集等を行い2020年初頭にメインネットの公開を予定しているという。また今後は、公共性を重視するため、ABN協議会に参加する25団体による非中央集権的な運用を目指す。参加団体は随時募集している。

■スタートバーン株式会社

世界中のアーティストまたはアートに関わる全ての人が必要とする技術を提供し、ブロックチェーン上でのサービス展開を行うスタートアップ企業。オークションセールでのブロックチェーン証明書活用をはじめとしたデジタルアート事業、アートの分割所有など、ブロックチェーン技術を用いたアート市場拡大へ取り組んでいる。

Previous EVバスサービスISOU、過疎地域にて実証実験の成果を報告:再エネの利活用と地産地消に有効であると証明
Next ソフトバンク:ブロックチェーンを活用しキャリア間決済システム導入