最新のブロックチェーン・スマートフォンを発表、フルノード運用可能 / HTC


まとめ
台湾の電子機器メーカーHTCは、最新のブロックチェーン・スマートフォン(販売価格は約2万6,500円)の発売開始を公表した。今後は、ヨーロッパから中東にかけての27カ国で販売される予定で現在のところ、アメリカでの販売は計画されていない。

 

10月20日に、台湾の電子機器メーカーであるHTCが、最新のブロックチェーン・スマートフォンExodus 1sの発売を発表した。同製品は、ビットコイン・ネットワークをサポート可能だ。

Exodus 1sは、ビットコインのフルノードを運用できる初めてのスマートフォンで、どこにいてもトランザクションやブロックを伝えることができる。

「フルノードはビットコイン・ネットワークの耐障害性において最も重要である。誰もがノードを運用できるように垣根を低くした」とHTCの最高分散型技術責任者、フィル・チェン(Phil Chen)氏は声明で述べた。

Exodus 1sの販売価格は244ドル(約2万6,500円)で、前モデルであるExodus 1の約3分の1ほど。ライトニングの決済ネットワークを使用し、ベルリンのカンファレンスで販売する。

Exodus 1sは、400+GBのSDカードを増設できるため、ビットコインの取引台帳を保管するために増加していくデータ容量にも対応可能。現在の取引台帳のサイズは、約250GB。

HTCは、フルノードを運用する際にはWiFi接続と電源につなぐことをユーザーに勧めているが、外出先でも使用できる。

Exodus 1は、ユーザーが安全に暗号資産を保管できるように、ハードウェア・ウォレットも内蔵している。RAMは4GB、ストレージは63GB、OSはAndroid Oreo 8.1となる。

「我々は世界的なベーシック・ファイナンスにアクセスするためのツールを提供しており、それはスイス銀行をポケットに入れるためのツールと例えられる」とチェン氏は述べた。

同製品はドイツ・ギリシャ・サウジアラビア・UAEなど、ヨーロッパから中東の27カ国で販売される予定。アメリカでの販売は予定していない。

Previous 中国がブロックチェーンを本格的に導入 / 2019年テンセントブロックチェーン白書
Next EVバスサービスISOU、過疎地域にて実証実験の成果を報告:再エネの利活用と地産地消に有効であると証明