ナビガント・リサーチ:ブロックチェーン技術導入に関するレポートを発表


まとめ
米コロラド州の調査会社による、今後のエネルギー業界のブロックチェーン技術の導入に関するレポートが発表。今後10年間で年平均成長率が66.9%になると予測した上で、法律規制や税制優遇措置などを講じている国でより活性化していくとされる。

10月22日、米コロラド州の調査会社ナビガント・リサーチは、エネルギー業界のブロックチェーン技術導入に関するレポートを発表した。

レポートの中で2028年までの今後10年間で190億ドルの収益が生まれ、年平均成長率が66.9%、年間の平均市場規模が77億ドルになると予測した。

特に欧州やアジア太平洋地域、米国の一部地域などの競争が激しく、参入障壁が低い地域にこの技術導入が集中すると報告。さらに、アジア太平洋地域では2027年にエネルギー業界のブロックチェーン技術導入のリーダーになるとした。

Previous CBSGコンソーシアム:ブロックチェーン活用の決済システムを導入
Next ブロックチェーンの代替に?省エネアルゴリズムが登場