近鉄がMRIと共にブロックチェーン技術活用のデジタル地域通貨を発行


まとめ
ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨として、2019年11月11日~2020年1月31 日までの期間、「近鉄しまかぜコイン」が試験運用される。近鉄沿線の重要観光拠点である伊勢志摩地域の観光施設や飲食店などの多くの店舗で決済できる。さらなる旅客誘致を図り、同地域の競争力を高める目的がある。

近鉄グループホールディングス三菱総合研究所(MRI)は、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨として、近鉄しまかぜコインを発行することを明らかにした。発行期間は2019年11月11日から2020年1月31 日まで。

同サービスは、近鉄と MRI が以前実施した近鉄ハルカスコインにおける、社会実験の成果に基づいて実用化した。

近鉄沿線の重要観光拠点である伊勢志摩地域の観光施設や、飲食店で利用できるデジタル地域通貨を発行、さらなる旅客誘致や競争力を高めるねらいだ。

近鉄ハルカスコインの社会実験と同様、MRI がブロックチェーン技術を駆使したプラットフォームの全体開発および運用マネジメントを担当し、両社が協力してサービス機能の拡充を行う。

さらに、ブロックチェーン技術によるプラットフォームによってサービスのデジタル化を進め、それによって得られるデータを活用、新たな沿線活性化モデルの構築を積極的に進める。

通貨発行は現金+プレミアム 10%(1コイン=1円相当)となり、現金は1,000円単位で 10 万円までチャージが可能。

Previous ブロックチェーンの代替に?省エネアルゴリズムが登場
Next 中国がブロックチェーンを本格的に導入 / 2019年テンセントブロックチェーン白書