ブロックチェーンの代替に?省エネアルゴリズムが登場


まとめ
昨今は電力トレーサビリティ分野でブロックチェーンを使用する事例も日本国内で報道されるケースが多くなってきたが、いまや新しいアルゴリズムの技術が誕生しつつあるようだ。アルゴリズムへのスマートコントラクトの実装なども試しているようで、ブロックチェーンの代替ともなり得るだろうと期待されている。

ブロックチェーンが革新的と呼ばれる理由のひとつは、ノードがトランザクションの整合性を検証し、二重支払いを防ぐ仕組みを作りだしたことだ。

トランザクションの検証はノードによって行われるので、銀行など特定の管理者に依存せずにシステムが回り続けることが可能である。

しかし、システムを維持するための膨大な電力が問題になっており、ビットコインの電力消費量はオーストラリア1国分に相当すると言われている。

10月16日に、ブダペストで開催された分散コンピューティングに関する国際シンポジウム(DISC 2019)で、この問題を解決しうるアルゴリズムが発表され、ベスト論文賞が与えられた。

トランザクションデータの送信回数を極限に減らす

ブロックチェーンにおいて、トランザクションの整合性を検証する際には、複雑な計算とそれに伴うコンピューティングパワーが必要となる。

今回のアルゴリズムでは、トランザクションデータを特定の確率によって選択されたグループに送信し、ビザンチン(悪意ある参加者やコンピュータの故障)を防ぐことが出来る。これによって計算量が大幅に軽減される。

また、トランザクション数が増加しても時間内の処理量が増加しないスケーラビリティ問題の解決にも役立つ。

トランザクションの処理速度を格段に速く

現在、ブロックチェーンを活かすために、電力消費量の増加やスケーラビリティ問題を解決を目的としたさまざまなコンセンサスアルゴリズムや検証技術が開発されている。

IEEE Spectrumによると、同アルゴリズムは電力をEメール交換と同程度しか消費せず、排出する二酸化炭素量はトランザクションあたり約300kgのビットコインに対してトランザクションあたりわずか数g、処理速度は1秒未満になる。

論文の著者らは、合意形成を必要としない同アルゴリズムへのスマートコントラクトの実装なども試しており、ブロックチェーンの代替になる日も近いのかもしれない。

Previous ナビガント・リサーチ:ブロックチェーン技術導入に関するレポートを発表
Next 近鉄がMRIと共にブロックチェーン技術活用のデジタル地域通貨を発行