米下院議長候補が暗号通貨で資金調達を開始


まとめ
2020年の米議員選挙で当選を目指す民主党のアガサ・バセラール氏は、ブロックチェーン関連法案に関して第一線で働きかけている有力者だ。
選挙運動の声明においてバセラール氏は、ブロックチェーンに対する信頼は厚く、民主主義のツールを構築するのに重要な鍵と位置付けている。

民主党のナンシー・ペロシ米下院議長の議席を狙う有力候補者が、暗号通貨で100万ドルの寄付金を募ることに加えて、連邦政府がブロックチェーン業界を規制する方法に変化をもたらそうとしている。

選挙運動ウェブサイトによるれば、2020年の議員選挙で当選を目指す民主党のアガサ・バセラール氏は、カリフォルニア州12区でペロシ議長の議席を狙っているという。ペロシ議長は1987年から議員を務め、現在は下院議長として2期目の任期を果たしている。

STEM分野での経験を掲げるバセラール氏は、「かつて明るかったアメリカでの暗号通貨の将来は暗くなってきており、連邦政府による介入がイノベーターたちを我々の選挙区やアメリカから追いやり、苦戦を強いられている」と主張している。

バセラール氏の選挙運動ウェブサイトには、暗号通貨関連の具体的な目標は掲載されていない。しかし、「暗号通貨はユーザーを搾取しない代替策を構築し、アメリカ国民により役に立つイノベーションのエコシステムを作り上げるものだ」と述べている。

そのためバセラール氏は、アメリカにおける確かな情報に基づき、将来を見据え、実用的な規制を推し進めるために議員の道を目指しているということだ。

選挙運動の声明においてバセラール氏は、ブロックチェーンは「信頼できる生きた民主主義のツールを構築するのに重要な鍵」であり、暗号通貨は「発展可能な将来と人権推進のために必要不可欠」であると強調している。

バセラール候補はさらに、暗号通貨取引所コインベースを通じて、暗号通貨で100万ドルの資金を調達しようとしている。現在のところ陣営は、ビットコインキャッシュ、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、USDコインで5,000ドルを調達している。

業界の発展に伴い、暗号通貨やブロックチェーン政策を政治運動に含めることはますます一般的になっている。民主党の大統領候補アンドリュー・ヤン氏は、CoinDesk主催のイベント「Consensus 2019」において、綱領の1つに連邦規制改革を含めると語った。

Previous ノースカロライナ大教授:ブロックチェーン投票には未だ解決すべき課題が存在する
Next 韓国企業:ベトナムに相次いで現地法人を新設・拡大