UBS:ブロックチェーンを基盤とする貿易金融であるWe.Trade、取引開始


まとめ
スイスの金融最大手UBSは、ブロックチェーンを基盤とした貿易金融(トレード・ファイナンス)分野において本格稼働を開始した。各国大手銀行も同技術を採用し、世界中でサービスが浸透し始めている。

スイスの金融最大手であるUBSは、本格的に「we.trade(ウィートレード)」上での取り引きを始めた。これは、ブロックチェーンをベースとした貿易金融(トレード・ファイナンス)プラットフォームであり、加盟銀行による普及拡大が近づいている。

UBSは、10月初旬にウィートレードが稼働し、中小企業(SMEs)に対するサービスを推進している。

ブロックチェーンは、共有型のデジタル記録を提供し、以前紙ベースであった国際貿易の領域に、契約を果たす企業間の信頼向上に貢献している。ウィートレードは、欧州系銀行の中小企業顧客の間に信頼の高いネットワークを築き上げることに力を入れている。サービスには、銀行支払保証、かつインボイスファイナンス(売掛金担保融資)が含まれており、銀行はそれらに対して手数料を請求している。

2018年中旬に公開されたウィートレードは、TradeIXR3にサポートを受けている貿易金融ブロックチェーンのマルコポーロ(Marco Polo)のような、未だ試験段階にある競合社に先立っている。現在、ウィートレードのプラットフォームは、商業的な普及に焦点を置き、多数の銀行収集、またより多くの中小企業の呼び込みの2本柱で着手している。

今月からオーストリアのエルステ・グループ(Erste Group)とスペインのカイシャバンク(CaixaBank)も、ライブトランザクションの促進を開始した。翌年の初めには、ギリシャのユーロバンク(Eurobank)及び、チェコの3大銀行であるチェコスロバキア貿易銀行(CSOB)、コメルチニー銀行(Komercni)、チェコ貯蓄銀行(Česká Spořitelna)が参加予定だ。チェコの銀行三行は、同国の国内貿易の80%に値する。

ユーロバンクについて、ゴワン氏は「興味深いのは、ギリシャでは現在も先日付小切手が多く普及していることにより、彼らはプラットフォームをそれに代替するものとして見ている。これも我々が見越していなかったユーザーストーリーだ」と付け加えて述べた。

既に取引契約の決済にウィートレードを使用している銀行は、ソシエテ・ジェネラル(SociétéGénérale)、HSBCサンタンデール(Santander)、ウニクレディト(UniCredit)、ノルデア(Nordea)、KBC銀行ラボバンク(Rabobank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)である。

利用者数の拡大

上記の銀行は、このプラットフォームの使用を企業顧客に促しており、普及の促進に繋がっている。マクゴワン氏は「驚くべきことは、企業と銀行の連携が加速していることだ」と述べる。ソシエテ・ジェネラルの貿易金融部門副部長、マリー=ロール・ガステル氏は、「このプラットフォームを使用する中小企業を、ウィートレードはより必要としている」と語った。

ガステル氏は、ソシエテ・ジェネラルのフランスの顧客の1社がイタリアの企業と取引を行っていたが、その会社はプラットフォーム上にはなかった、と述べる。同社は企業の助言により、直接ウニクレディトに口座を開設し、ウィートレードに参加した。

また、ガステル氏は「ウィートレードは銀行にとって新しい関係構築に繋がる最良の手段である」と語った。

ウィートレードは、新機能としてクライアントがウィートレードのプラットフォームに、自社のパートナーを招待できるソフトウェアを付け足す計画である。

ソイントウ氏は「契約後に、取引相手を探している顧客が 「あなたとウィートレードで取引したい」 と言う容易な方法でできるシステム構築を実現することで、我々はネットワークの増加を可能にする」と述べた。

ソイントウ氏によると、ノルデアはウィートレードを、平行したポートフォリオにおける他方の商品として位置付けしている。即ち、コーポレートクレジットカードのように、ウィートレードのパンフレットやカスタマーサポートが実在するということだ。

価格設定

同プラットフォーム上での取引価格は、フルメンバーシップライセンスまで様々であり、初期の好奇心旺盛なユーザー向けであると、月額2,000ドル(約22万円)から年間175,000ドル(約1,900万円)かかる。また、ウィートレードとのプロジェクトの施行には年間75,000ドル(約800万円)である。

マクガワン氏は「銀行はこれまで年間33万ドル(約3,500万円)を支払った。しかし、他銀行との議論により、これは高すぎるというメッセージを得たことで、私たちは聞く耳を持ったのです」と語った。

ウィートレードプラットフォームは、IBMがオープンソースのハイパーレジャー・ファブリック(Hyperledger Fabric)ブロックチェーンシステム上で築き上げたものだが、マクゴワン氏は、近いうちに同技術を社内に取り入れるつもりだ。

同氏は「我々はテクノロジー企業であり、独自の能力を構築することを考えている。また、IBMとの良好な関係構築により、IBMはアウトソーシングされたチームに継続的に料金を払えないことを理解してくれている」と述べた。

Previous 国連開発計画:ブロックチェーンの使用によりカカオ農家らへのフェアトレードを狙う
Next IBM:ブロックチェーンソリューション活用の新たな取り組みが公に