【10/25(金)開催 業界別ブロックチェーンセミナー#2】 ~物流業界×ブロックチェーン~


業界別ブロックチェーンセミナー

「大企業のブロックチェーン実装」をテーマに、国内外のブロックチェーン企業から最新活用事例の詳細を説明します。
各業界が抱える問題をブロックチェーンでどのように解決でき、どういった効果が見込めるのかを、ビジネス目線で議論するコミュニティです。

物流業界×ブロックチェーンに関して
物流業界では、食品廃棄物や成分不正表示、異物混入、商品誤送など多くの問題を抱えていて、その損失規模は小売業での食品廃棄物だけで年間50兆円(農林水産省調べによると、年間約500~800万トンのうち事業による約半数がロス)に達するともいわれています。

小売業社の活用事例
米小売大手Walmart社では食品流通における管理プロセス透明性を目的にブロックチェーンを導入しています。野菜供給業者に対して商品(野菜)の出荷から店頭陳列までの情報をブロックチェーン上に記録する仕組みを確立しています。

この取り組みによって、食品汚染問題の解決に寄与し、食品の生産過程から店舗に届くまでのあらゆる情報に透明性をもたらすことで、衛生面や安全性を向上させることが期待され、消費者への会社ブランドの強化に繋げていく狙いです。

自動車メーカーの活用事例
BMWやメルセデス、ポルシェなどは車両に関連する部品や製品の流通過程をブロックチェーンで管理するための実証実験を行なっています。車体の品質保証だけではなく、流通経路を厳格に管理していくことでリコール問題など、莫大な費用と時間がかかっていた課題に対して大きく改善が見込めています。

申し込みはこちら

開催概要

開催日時 :10/25(金)19:00~22:00※懇親会含む
開催場所 :BINARYSTAR
東京都中央区銀座1-8−19 キラリトギンザ11F

 


アジェンダ

1.はじめに|業界別ブロックチェーン活用まとめ
19:00 – 19:30
登壇者:中里望 氏(株式会社CryptoPie ブロックチェーンビジネスコンサルティング事業部部長)

2.Vechain|大企業に選ばれるブロックチェーンソリューションの実態
19:30 – 20:00
登壇者:張喬伊 氏(VeChain Japan コミュニティマネージャー)

3.ジッグラトテクノロジー|食品流通におけるブロックチェーン活用の徹底解説
20:00–20:30
登壇者:木村広平 氏(Blockchain Business & Solution 編集長)

4.パネルディスカッション / Q&A
20:20-20:40
モデレーター:岡本伊津美 氏(BINARYSTAR株式会社 国内マーケティングとブロックチェーン・インキュベーションマネージャー)
パネリスト:中里望 氏、張喬伊 氏、木村広平 氏

7.懇親会&個別相談会
21:00–22:00

(登壇者及び登壇内容は予告なく変更する場合がございます)


申し込みはこちら

 

<登壇者詳細>
中里望 氏
株式会社CryptoPie
ブロックチェーンビジネスコンサルティング事業部部長

国内外20を超えるブロックチェーンプロジェクトにビジネスビルドやホワイトペーパー設計、アドバイザー業務などで携わり、世界⼀のブロックチェーンプロジェクト評価プラットフォームであるICObenchにおいて⽇本⼈初のExpert認定を持つ。170を超えるプロジェクトの評価を担当し、世界TOP10Expertに入っている。
株式会社CryptoPie : https://blockchain-biz-consulting.com/

 

張喬伊 氏
VeChain Japan コミュニティマネージャー

2015年北京大学歴史学科卒業
2018年東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻卒。東京大学の在学期間にブロックチェーンに興味を持ち始め、卒業後中国のパブリックブロックチェーンプロジェクトVeChainの日本オフィスの立ち上げを参加しました。VeChain Japanのビジネス、プロモーション、コミュニティー運営などを総括しています。

木村広平 氏
Blockchain Business & Solution 編集長

明治大学政治経済学部卒業後、第一生命保険株式会社に入社。
首都圏法人営業部に所属し、法人向けファイナンシャルプランナー業務を務めながら、ビットコインの仕組みやブロックチェーン技術に関心を深めていく。同社退社後、法人向けブロックチェーン専門情報サイトBBS(Blockchain Business & Solution)の立ち上げメンバーとして活躍。

 

申し込みはこちら
Previous FCバイエルン・ミュンヘン(独)ブロックチェーン企業と契約締結
Next IBM:サプライチェーン管理システムを新たに導入