SBIとZホールディングスが金融上での業務提携:暗号資産とブロックチェーン領域は「避けて通れないものであれば」


まとめ
ヤフージャパンを運営するZホールディングスと、SBIホールディングスは金融事業における業務提携を発表した。Zホールディングス傘下の仮想通貨取引所タオタオや、SBIもSBI VCトレードで取引所を行うほか、リップルやR3と合弁会社を作るなど今後両社の業界内での協業が実現するか注目が集まる。

10日、SBIホールディングスヤフージャパンを運営するZホールディングスは金融上の業務提携に関する記者会見を行なった。証券、FX、バンキングの3種の分野で相乗効果が期待できる考えだ。

Zホールディングスは10月1日からスタートし、ヤフー事業を扱うヤフー株式会社や金融事業持株会社Zフィナンシャルなどを傘下に持つ新会社である。

証券分野では、直接、ヤフーファイナンスから口座開設や証券取引を可能にし、FX事業では、両社のFX会社の流動性を結合させ、スプレッドの最小化などを進める考えだ。さらにバンキングでは、Zフィナンシャル参加のジャパンネット銀行で「フラット35」の取り組みを進める。

Zホールディングスの川邉健太郎社長は、「金融とインターネットが融合するフィンテックは重要なテーマであり、メディア、コマース、データの各事業と並行するものであり、優れたユーザー体験を提供していきたい」と語った。

SBIとヤフーは親戚筋

SBIの高村正人副社長は「SBIとヤフーは元来、親戚筋である」と今回の提携協議のきっかけを述べた。もともとSBIは通称「ソフトバンク・インベストメント」であり、ソフトバンクグループの金融関連企業として創立されたが、その後離脱した。

それを踏まえて、今回の提携の目的について、

「Zホールディングスは、日本最大級のネットユーザーとビッグデータを持ち、そこと提携することで相乗効果を展開し、より良いサービス提供を実現させたい」と述べた。

暗号資産・ブロックチェーンでの連携は…

暗号資産やブロックチェーンの両者に積極的に取り組み、Zホールディングスの傘下である暗号資産取引所タオタオの展開、SBIもSBI VCトレードで取引所の運営、リップルやR3と合弁会社が設立されている。また、川邉社長は「今回の提携による、暗号資産・ブロックチェーン事業での連携の可能性についての話は現時点で出ておらず、ブロックチェーン事業でもタオタオという取引所を有しているが、両社で何かに取り組むかのような話も同様に出ていない」と述べた。しかし、今後、暗号資産・ブロックチェーン分野でサービス展開をする可能性は残っている。

SBIの高村氏は、「ブロックチェーンが避けて通れないものであれば、ブロックチェーンをやるというサービスを構築することも考慮している」と語った。

双方に利益があり、かつ顧客に有益さを提供できれば、検討に値するという姿勢である。

プラットフォーマーが金融大手と暗号資産・ブロックチェーンで協力するケースではLINEが先立っている。10月4日、LINEは野村ホールディングスと資本業務提携を結び、LINEの暗号資産子会社LVCに野村が出資し、ブロックチェーン技術を活かした金融サービスの提供を狙いとしている。

資本業務提携を発表、ブロックチェーン活用の金融サービス提供へ前進 / LINE, LVC, 野村HD

Previous 地元業界団体による報告書:カナダのブロックチェーン技術者、国内最高水準の給料
Next 東大のブロックチェーン講座に技術協力を開始 / 株式会社Ginco