TBSHD:100%再エネ劇場を実現


まとめ
TBSHDは、「みんな電力」のブロックチェーン技術を活用し、「サカス広場」、「マイナビBLITZ 赤坂」、「TBS 赤坂ACTシアター」の電力を100%再生可能エネルギーに切り替えると発表した。大型施設としては日本初の、ブロックチェーン技術を活用した電源由来証明による100%再エネ劇場となるとしている。

10月10日、TBSHDはSDGs(持続可能な開発目標)の推進を加速するべく、国連「SDG メディア・コンパクト」に加盟した。さらに10月16日からみんな電力のブロックチェーン技術を活用し、「マイナビBLITZ 赤坂」、「サカス広場」、「TBS 赤坂ACTシアター」の電力を100%再生可能エネルギーに切り替えると明らかにした。

「SDG メディア・コンパクト」は国連が世界中の報道機関とエンターテインメント企業に対して、その資源と創造的才能をSDGs達成のために活用するよう、促すことを目的とし、2018年9月に発足した団体だ。

同社は「グループ中期経営計画 2020」において、SDGsやESGに対する積極的な取り組みを続けている。今回の発表では、SDGsに対する取り組みは報道活動にとどまらず、自らも実践することが前提であるとの考えを示していることが大きなポイントだ。さらに、2018年12月に実施した「TBS ラジオ戸田送信所」の100%再エネ化に続き、今回の3つの場所での100%再エネ化に踏み切った。

これにより、「TBS 赤坂 ACT シアター」は、大型施設としては日本初の、ブロックチェーン技術を活用した電源由来証明による「100%再エネ劇場」となる。

 

みんな電力の関連記事はこちらから

横浜信用金庫:ブロックチェーン技術で関内本店を100%再エネ化

千葉商科大学、みんな電力の「NEM活用再エネ電力マッチング」を導入

Previous トロン・ステラ:「Blockchain Education Alliance」に参加
Next 地元業界団体による報告書:カナダのブロックチェーン技術者、国内最高水準の給料