Hyperledgerが新たなプロジェクトを発表:スケーラビリティの限界を突破か


まとめ
Hyperledger(ハイパーレジャー)は、新たなプロジェクト「Hyperledger Avalon」(ハイパーレジャー・アヴァロン)を発表した。アヴァロンは、オフチェーンで信頼済みのネットワークを構築するというトラステッド・コンピューティングのツールで、セキュリティを犠牲にせずにスケーラビリティの限界を引き上げることができるという。

10月3日、Hyperledgerは新たなプロジェクト「Hyperledger Avalon」を発表した。Avalonは、Enterprise Ethereum Allianceが5月に発表したオフチェーンのトラステッド・コンピューティングを実現するプロジェクトで、ハイパーレジャーのツールの1つとして採用された。

EEAの1プロジェクトとしてスタートしたAvalonは、ハイパーレジャー型のものとしては過去最大数の協賛企業がついたプロジェクトになっている。さらにバイドゥアリババといった中国系の大手IT企業や、マイクロソフトインテルオラクルIBMといったグローバルな大手IT企業などが協賛している。

Avalonは、オフチェーンで信頼済みのネットワークを構築するというトラステッド・コンピューティングのツールである。FabricやSawtooth、Besuなどのハイパーレジャー型のブロックチェーンプロジェクトと連携し、オフチェーンを用いてセキュリティの課題とブロックチェーンのスケーラビリティを解決することが可能になっている。

Avalonではネットワークに関わる端末において、それらを3つに分類することがトラステッド・コンピューティング実現で特徴的な点だという。その分類としては、信頼済みのハードウェアで構成された実行環境、ゼロ知識を証明を用いてソフトウェア的に信頼された実行環境、その両方を満たす実行環境が挙げられる。これらを外部のオラクルで監視することとなっている。信頼済みのネットワークによって、連携先のブロックチェーンの処理を代替するために、セキュリティを犠牲にせずスケーラビリティの限界を引き上げることができるという。

Hyperledgerの関連記事はこちらから。

ブロックチェーンを活用したIDシステムを開発中であることを発表 / bitFlyer Blockchain

ブロックチェーンHyperledgerプロジェクトの野望:IBMやインテルなど業界大手270社が参画

Previous 博報堂DYメディアパートナーズ:「PlayChain」を開発
Next デジタル資産への対応進む / ANNA