ブロックチェーン技術関連企業が大規模な人事入れ替え / LayerX


まとめ
ブロックチェーン技術関連事業を行うLayerXは、新経営体制を発表した。ブロックチェーン分野のリーディングカンパニーとして急成長を志向していくことを掲げ、その実現のために、新たに経営経験豊富な今回のメンバー就任に繋がった。

10月2日に、LayerXが新経営体制を発表した。株主総会および取締役会において役員人事を決議し、新たに取締役3名、執行役員2名、監査役1名が選任された。

新経営体制は、福島良典氏(代表取締役CEO)をはじめ、榎本悠介氏(取締役CTO)・渡瀬浩行氏(取締役CFO)・手嶋浩己氏(非常勤取締役)・牧迫寛之氏(執行役員)・丸野宏之氏(執行役員)・掛川紗矢香氏(社外監査役)。

LayerXは、2018年8月にGunosyとAnyPayがブロックチェーン関連領域サービスの開発を目的に設立した合弁会社である。設立から1年余りでエンジニアを中心とした20数名のメンバーを抱え、複数の企業と研究開発や社会実装を進めてきた。

今回の新経営体制は、ブロックチェーン分野のリーディングカンパニーとして急成長を志向していくことを目的に実施された。

Previous ブロックチェーン活用の著作権管理システムを開発 / 情報堂DYメディアパートナーズ
Next ブロックチェーンを活用したIDシステムを開発中であることを発表 / bitFlyer Blockchain