ブロックチェーン活用の著作権管理システムを開発 / 情報堂DYメディアパートナーズ


まとめ
博報堂DYメディアパートナーズは、ブロックチェーンを活用した知的財産(IP)の著作権管理を実現するシステム「IP Ledger」(IPレジャー)を発表した。知財の著作権をトークン化し流通を監視・著作料を還元する「IPレジャー」は2次流通市場での無断利用を防止する仕組みだという。

10月1日に、博報堂DYメディアパートナーズ、ブロックチェーンを活用した知的財産(IP)の著作権管理システムである「IP Ledger」を発表した。

同システムは、コンテンツ利用時の著作料支払いなどを透明化・自動化することで、2次流通市場での無断利用を防止する。

IP Ledgerは、ブロックチェーン上で知的財産の著作権を代替不可(NFT)トークンとして発行・管理する。著作権トークンを購入した開発者は、自身のゲーム内でコンテンツを利用し、トークンはブロックチェーン上での取引を追跡することが可能。

プレイアセット(博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大発のスタートアップ企業Shinonomeが2019年9月から稼働するプロジェクト)が独自に開発した技術によって、売買の監視と著作者に対する売買手数料の還元を実現する。

Previous ブロックチェーンゲーム「Job Tribes」とコラボ、クリエイターの地位向上を目指す / 代アニ
Next ブロックチェーン技術関連企業が大規模な人事入れ替え / LayerX