ブロックチェーンゲーム「Job Tribes」とコラボ、クリエイターの地位向上を目指す / 代アニ


まとめ
代々木アニメーション学院はブロックチェーンゲーム「Job Tribes」とコラボレーションし、在学生限定のキャラデザインコンテストを開催している。ブロックチェーン技術を活用し、クリエイター地位向上を目指すプロジェクトの一環として開発が進められている。

代々木アニメーション学院(代アニ)はJob Tribesとコラボし、キャラクターデザインコンテストを開催している。このコンテストは在学生のみが参加可能で、採用されたデザインはJobTribes、職業図鑑(書籍)、給与BANK(サイト)で使用される。

「Job Tribes」の制作会社であるDigital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA社)が目的とする「世界中のクリエイターの権利を守り、地位を向上させる」に、代アニが賛同し、今回のコラボレーションに至った。

2020年春リリース予定のJob Tribesは、日本の給料&職業図鑑(山田コンペ-)シリーズ初のカードバトルゲームである。ブロックチェーン技術を活用し、クリエイター地位向上を目指すプロジェクトとして開発が進んでいる。

ゲーム内のキャラを「デジタルアート」として専用のオークションサイトで取引可能にし、イラストレーターにとって新しい収益獲得の機会を用意する。

Previous HashHub・ConsenSys提携:ブロックチェーンの社会実装を推進
Next ブロックチェーン活用の著作権管理システムを開発 / 情報堂DYメディアパートナーズ