IBMブロックチェーン:Red Hat OpenShiftへの対応開始


まとめ
米IBMは、Hyperledger Fabricを活用したブロックチェーンサービス「IBM Blockchain Platform」のアップデートを発表した。また、IBMはStellar(ステラー)における銀行間の国際送金ネットワーク「IBM Blockchain World Wire」(BWW)も開発着手しており、サービス展開も近い。

9月24日、IBMはHyperledger Fabricを活用したブロックチェーンサービスである「IBM Blockchain Platform」のアップデートを発表した。今回のアップデートでは、Red Hatのクバネテス(Kubernetes)プラットフォーム「Red Hat OpenShift」のデプロイに対応するという。

IBMは別プロジェクトとしてStellar(ステラー)ブロックチェーンを活用した銀行間の国際送金ネットワークである「IBM Blockchain World Wire」(BWW)を開発している。

今回の発表に対し、Twitter上ではユーザーから同プロジェクトに関する質問があったが、BWWのマーケティング責任者であるMollie Martin氏は「Stellarとの共同開発が継続している」とコメントした。

IBMの国際送金ネットワークであるBWWは、Stellarのブロックチェーン技術を活用して開発が進められており、44もの銀行の提携や米ドル・ユーロなどをはじめとする47の通貨に対応している。今後は72ヶ国内でリアルタイム送金を実現する予定だ。

また、異なる通貨間の決済には米ドルを通迂回通貨として用いるが、Stellarの仮想通貨XLMも選択肢の1つになるという。

Previous 靴ブランド・ニューバランス:暗号資産カルダノのブロックチェーン技術を導入
Next マスターカード・スクエア:ブロックチェーン部門を強化