デジタル広告めぐるブロックチェーンで効果 / ユニリーバ、IBM


まとめ
一般消費財大手のユニリーバは、米IBM協力のもと、デジタル広告をめぐり、ブロックチェーンを活用したデジタルメディア取引の追跡システムの実証実験効果を公表した。ユニリーバは広告費のコストを「2~3%節約できた」と推定し、今後もプロジェクトの拡大を進めるという。

9月26日に、ユニリーバがデジタル広告をめぐるブロックチェーンの活用で、効果を得たことを明らかにした。

この試験プロジェクトは1年半の間、IBMと協力して米国で行われた。

IBMがソフトウェアサプライヤーのメディアオーシャンと提携して立ち上げた、ブロックチェーン活用のデジタルメディア取引追跡システムを利用した。

本システムでは、デジタル広告の詐欺に対抗し、メディア企業間の金の流れを追跡、不必要な中間業者を排除する。加えて、メディア取引に要する時間とコストを低減させることも目的としている。

IBMは、ユニリーバが広告費のコストを約3%節約したと推定しており、グローバルメディア担当のルイス・ディ・コモ氏は次のように述べている。

「我々はルールと原則を通じて、再び信頼を築き、すべての運用に対して完全な透明性を追求している。単なるコストカットではない。〔中略〕戦略・コミュニケーション・メディア投資において、方法をさぐり、さらなる投資の規模を広げる。」

ユニリーバは米国での試験後、プロジェクトの拡大を進める。

Previous ブロックチェーン使用の音楽ストリーミングサービスがリリース / Audius
Next ブロックチェーン活用したデータ管理法の特許を出願 / KT