CellWine ボトルコレクション管理:BiiLabsがブロックチェーン技術を用いて


まとめ
ワインセラーシェアリング事業を展開するCellWineは、ワイン管理システムにおいて、ブロックチェーン技術を採用する事を発表した。各ボトルの製造年月日・価格・保管場所など、様々なデータを長期間正確にトラッキングすることが可能となる。

Blockchain-as-a-service(BaaS)を提供する​BiiLabs​は、ワインセラーシェアリングサービスを手がける​CellWine​との新たなコラボレーションを発表した。これにより個人が保有するボトルコレクションの全てをトラッキング管理することが可能となり、ベッド下・地下室・食器棚・冷蔵庫・自家用ワインセラーなどに保管する必要がなくなった。

CellWineはワインセラーシェアリングというコンセプトをもとに、“CellWine Butler”システムを用いて複数のワインセラーを統合した。ワインコレクターは簡単にボトルを保管でき、月額払いで1本からワインボトルを管理することが可能となる。さらに、アプリを用いればリアルタイムでワインセラーの状況を確認でき、別会社の物流サービスも連携して利用することができる。

しかし、「このワインボトルが、数年前にワイン セラーに入れたものと同じボトルなのか」「保存期間中の貯蔵環境は、適切な温度や湿度に保たれているのか」といったデータの信頼性にかかる課題を解決する必要がこのサービスを提供する上である。

近年はデジタル化が進んでいるにもかかわらず、証明や認証には未だ多くのコストや時間がかかっている。さらに、データの送受信が容易になった現在では、エラーの発生や認証プロセスが複雑化するリスクが高まっている。

BiiLabsのCEO 兼 Co-founderであるLman Chu氏は、「これらの課題を解決するために、弊社が開発するブロックチェーンを用いたプロダクト、“Alfred API”が役立ちます。このソフトウェアは、Proof-of-Existence(PoE)というデータの存在証明を行う事ができます。分散型台帳技術を用いて、各ワインボトルに固有のIDを割り振り、貯蔵環境の変化をタイムスタンプと共に記録します。」

各ワインボトルの固有ID・購入価格・入庫日・温度湿度 といった貯蔵環境の変化のデータは、ブロックチェーン上に書き込まれ、改ざん不可能な形で半永久的に記録される。

CellWineのCEO兼Co-founderであるEric Tang氏は、「このシステムは、CellWineサービスを用いて保管されている全てのワインボトルのデータの信頼性を担保するものです。」とかたり、指先ひとつて自身のボトルコレクションからお気に入りの1本を、確実に家まで届けることができることを強調した。

CellWineとは

CellWineはボトルコレクション管理システムを開発や、ワインセラーシェアリングサービスやC2Cマーケットプレイスを手がけるテクノロジー企業

BiiLabsについて

BiiLabsはIoEの時代の到来を見据え、スマートシティ・エネルギー管理等における課題に対し、分散型台帳技術を用いた製品を開発。IoE時代を分散型台帳技術で牽引していくことを目的としている。

Previous 65億円規模の不動産をトークン化:米アセットブロック、アルゴランドのブロックチェーン活用
Next スペースチェーンに投資、ブロックチェーンの宇宙展開を後押し / 欧州宇宙機関