海洋プラスチック問題解決にブロックチェーン活用:オランダ企業がリサイクル衣服のコレクションを発表


まとめ
オランダのWaste2Wearは、海に廃棄されたプラスチックを利用したリサイクル素材を追跡できるブロックチェーンシステムを公表した。プラスチックごみは、海から回収され、長い時間をかけて製品に至るため、数々の段階のデータ記録が要求される。ブロックチェーン技術を活用することで、完全に追跡できるようにする狙いがある。

2019年9月17日、米メディアの「ファッション・ユナイテッド」はオランダのWaste2Waterは、海に廃棄されたプラスティックを再利用して製造したリサイクル衣服のコレクションを発表した。また、原料となった廃棄プラスティックなどの情報はブロックチェーン上に記録され、素材の出どころを保証する仕組みとなっている。

2019年9月17日から19日まで同コレクションはパリで開催されている国際的なテキスタイルの見本市、プルミエール・ビジョンで展示されている。

同社は今年8月にリサイクル素材を追跡できるブロックチェーンシステムのデータ版を発表。

プラスティックゴミは海から回収され、長い時間をかけ製品になるため数々の段階のデータ記録が要求されるが、ブロックチェーン技術を活用する事で全ての段階を追跡できるようになるという目的がある。

同社が使用するプラスティックは中国・上海付近の小さな島の沿岸地域のもので、地元当局と協力してビジネスモデルを構築した。地元の両氏はプラスティックを回収する事で収入を得ることができ、毎週3トンを超えるゴミが回収されているという。

この他にブロックチェーンが環境保護の目的で利用されている例では、9月4日、二酸化炭素やそのほかの温室効果ガスを削減した人に対価として暗号資産を支払う提案を同国自民主党(FDP)がしている。

Previous ドイツ銀行:銀行間情報ネットワークに参加
Next 65億円規模の不動産をトークン化:米アセットブロック、アルゴランドのブロックチェーン活用