映画製作の資金調達のため:tZEROがブロック・フリックスと提携


まとめ
セキュリティトークン事業を手がけるtZEROは、映画製作の資金調達をトークン化するためブロック・フリックス(BLOQ FLIX)と提携すると発表した。ブロックチェーンによってスタジオやプロデューサーに直接資金をもたらすことで、新しいデジタル資金調達プロセスを効率化していく。

米大手インターネット小売企業のオーバーストックの子会社で、セキュリティトークンを手がけるtZEROは、映画製作の資金調達をトークン化するためにメディア企業のブロック・フリックスと提携すると発表した。

tZEROは四半期の損失が1,000万ドルとなったことから、オーバーストックのCEOである、パトリック・バーン氏が突如辞職したことを受けて再編成の時期にあると言える。そんな中、2019年9月12日に今回の計画を発表した。

「ブロックバスターとブロックチェーンの出会い」と題された今回の提携を通じて、両社はテレビ、インターネット、そしてスタジオプロジェクトに向けた新しい映画製作の資金調達のための道を確立していくことを明確に示している。ブロック・フリックスは適格な投資家たちが資金調達プロセスに参加することを、tZEROのトークン化プロトコルを通して可能にする。

「映画製作のための資金調達に、安全で革新的な代替投資策をもたらすために、ブロック・フリックスと手を組むことになった。私たちの目標は、ブロックチェーン技術の恩恵を受けることのできる資産をトークン化し、取引することである。また、映画製作の資金調達をデジタル化することは、このモデルにぴったりだと考えている」と、tZEROのCEOであるSaum Noursalehi氏は発表の中で語った。

ブロック・フリックスのCEO、ブランドン・ホーガン氏によれば、ブロックチェーンはスタジオやプロデューサーに直接資金をもたらすことで、資金調達プロセスを効率化することができる。今後は、ブローカーのジャンプスタート・セキュリティーズが、こうした資金調達の斡旋仲介業者の役割を担っていく予定だ。

ホーガン氏とブロック・フリックスの共同創業者のジョナサン・ヘルムス氏は、今までのキャリアを通じて、合計1億ドル以上の製作資金を調達してきたことがプレスリリースのなかで明らかとなっている。

tZEROは7月、米ビデオゲーム会社のアタリの創業者ノーラン・ブッシュネル氏の伝記映画のため、最大で4000万ドルのトークン化および資金調達を、映画製作・資金調達企業のビジョン・ツリーと共に行うと発表していた。

tゼロの関連記事はこちらから。

スタートアップ投資と見えてきた課題:米リサーチ会社投資レポートを発表、出資454件 総額16億ドル調達

Previous サービスとしての銀行:ロシア大手のアルファ銀行、法人顧客向けにブロックチェーン基盤の金融サービス提供
Next chaintope:ブロックチェーン技術活用の実証実験