PundiX(プンディックス)、ブロックチェーンスマホ「BOB」を間もなく発売予定


まとめ
シンガポール拠点のスタートアップ企業プンディX(PundiX)がブロックチェーンスマートフォン「ブロック・オン・ブロック(Blok on Blok=BOB)」のリリースが目前に控えていることが分かった。599ドルで先行予約を受け付ける計画だという。

シンガポールに拠点を置くブロックチェーンデバイス製造スタートアップのプンディX(PundiX)が1年かけて開発を進めているブロックチェーンスマートフォン「ブロック・オン・ブロック(Blok on Blok=BOB)」は、ローンチの準備がほぼ整った。

同社は今週ドイツ・ベルリンで開催された欧州最大の家電見本市「IFA2019」でBOBの最新版を披露した。同社によると、同デバイスの販売価格は599ドルで、2019年第4四半期にキックスターター(Kickstarter)とプンディXのXウォレット(XWallet)を通して、先行予約を受け付ける計画だという。
同社の発表によると、BOBは、ユーザーの個人情報を保管する中央集権的なサービスプロバイダーを必要とせず、全てのデータはブロックチェーンシステム「ファンクションX(Function X)」上で実行されるという。

BOBのユーザーは、分散型サービスの利用を可能とするブロックチェーンOSとアンドロイドOSを切り替えて使用することができる。

BOBはカスタマイズも可能。プンディXによると、同端末には「MODアセンブリ・キット(MOD Assembly Kit)」が付属しており、購入者は取り外し可能なパーツによって、端末の外観を変更できるようになるという。

 

Previous アララ、ブロックチェーン活用の「ありがとう」コインの実証実験結果を公表
Next ユニメディア、複数社運営のブロックチェーン基盤提供