IDC調査:ブロックチェーンの支出額が将来的に大幅成長を遂げることが明らかに


まとめ
IDC Japanは2019年9月5日、世界におけるブロックチェーン関連の製品サービスに対する支出額の予測を発表した。2019年のブロックチェーン支出額は前年比80%増の27億ドルになる。2018年から2023年までの5年間の年間平均成長率(CAGR)は60.2%で、2023年に約159億ドルに達する。

銀行業はブロックチェーンへの支出額が最も大きな業種だ。2018年から2023年までの予測期間全体を見てみても、支出総額の約30%を銀行業が占めている。これに続いて支出額が大きい業種は、プロセス製造業と組立製造業である。プロセス製造業と組立製造業の両方を合わせると、支出額全体の20%以上にものぼるのだ。

プロセス製造業は支出成長率が最も高い業種であり、CAGRは68.8%となっている。予測期間の終わり頃には、ブロックチェーン支出額で第2位の業種だ。この他の業種(組立製造業、小売業、プロフェッショナルサービス、公益事業)も、市場全体の成長率よりも高い成長率となっている。

銀行業界は、ブロックチェーンの上位2つのユースケースにおいて、支出の牽引役になる。また、「来歴管理」および「資産/商品管理」のユースケースは、プロセス製造業、組立製造業、小売業が牽引している。

テクノロジー的な観点から見ると、ITサービスおよびビジネスサービスの合計が2019年のブロックチェーン支出額全体のほぼ70%を占めている。予測期間中における投資額で比較してみると、ITサービスの方がやや多くなっている。一方で、ブロックチェーンの基盤ソフトは、サービスセグメント以外では最大の支出カテゴリであり、5年間のCAGRは65.2%とITサービスの66.0%に次いで2番目に成長率が高くなっている。

地域別に見ると、2019年の最大の市場はアメリカで、支出額は約11億ドルにもなる。2位は西ヨーロッパの6億6100万ドルで、3位は中国の3億400万ドルである。2018年から2023年までの予測期間中、調査で採り上げた9つの全地域で、大幅に支出額が増える。5年間のCAGRでは、カナダが73.3%で他との差が大きくなっている。

アメリカのIDCでは、「ビジネス上の差し迫った問題をブロックチェーンで解決できるといったメリットがある。様々なユースケースで、切望されていた変革が始まるのだ。問題はブロックチェーンが普及するかどうかではなく、どこまで普及するかにある」という旨のコメントを出している。

調査結果をまとめた「Worldwide Semiannual Blockchain Spending Guide」は、9つの地域における19の業種と17のユースケースにわたって10種類のテクノロジの支出データを示すことで、ブロックチェーン市場を数値化している。現在および今後5年間にわたる、業界固有の分野や方向性を明確に把握できるように設計したとしている。

IDCでは、ブロックチェーンについて、取引または記録のデジタル分散台帳であると定義している。ビットコインなど、ブロックチェーンと分散台帳技術を用いる各種の暗号通貨に関連する支出は、Spending Guideには含まれていない。

IDCの関連記事はこちらから。

ウォール街から始まったブロックチェーンの幻想

IDC調査:2018~2020年の日本の突出した平均成長率

Previous 上海ブロックチェーンウィーク:ブロックチェーン業界の次なる10年を議論、5年連続開催
Next 飯塚市幸袋地区:古民家再生利用で交流の場を