HSBC、人民元建てのブロックチェーン信用状で中国貿易を狙う


まとめ
英金融大手HSBCは、初となる人民元建て信用状のトランザクションを実施した。金融ブロックチェーンプラットフォーム「ボルトロン(Voltron)」は多くの世界的金融機関が参画している。人民元を用いたデジタル貿易を推進することで、中国の巨大市場への門戸を開く好機となる。

英金融大手HSBCは、ブロックチェーンを利用し、初となる人民元建て信用状のトランザクションを実施した。今回のトランザクションは、同行がBNPパリバ(BNP Paribas)やスタンダードチャータード銀行(Standard Chartered)などの他銀行と共に開発した貿易金融ブロックチェーンプラットフォーム「ボルトロン(Voltron)」にとって大きな進展だと、ロイターが2019年9月3日(現地時間)に伝えた。

HSBCのグローバル貿易・債券金融部門アジア太平洋地域責任者、アジャイ・シャルマ(Ajay Sharma)氏によると、同行はプラットフォームを小規模な試験運用から、2019年末、または2020年初頭を目標として商業展開に向けて準備を進めている。HSBCはボルトロンの成果が、他の銀行の参加を引き付けることを期待している。

シャルマ氏によると、HSBCは貿易取引の実施にブロックチェーンを活用することで、コストが削減され、速度が改善されると見込んでいる。香港から中国へのLCD部品出荷において、ボルトロンを用いた人民元建て信用状のトランザクションにはわずか24時間しかかからなかった。既存の紙ベースのシステムを利用した場合、通常5~10日かかるが、それよりもはるかに早い。

人民元を用いたブロックチェーン貿易を推進することで、巨大市場への扉を開く。国際銀行間通信協会(SWIFT)の情報によると、2018年に中国関連の貿易は、7,500億ドル(約79兆5,500億円)に相当し、120万件の信用状を生んだとされている。

英スタンダードチャータード銀行は8月初旬、ボルトロン上で初の国際的信用状のトランザクションを成功させたと発表している。

Previous 博報堂DY、ブロックチェーンを活用したdAppsゲーム領域の新プロジェクト「PlayAsset」
Next 「ブロックチェーン投票」実現を訴える米大統領候補の野望