R3がドバイ・フィンテック企業と提携:ブロックチェーン使用でイスラム債発行


まとめ
ブロックチェーン開発企業R3のブロックチェーン「コルダ(Corda)」を基盤としたイスラム法に適合した「イスラム債(スクーク)」の発行が報じられた。イスラム地域における金融インフラのデジタル化推進を行なうことで、市場の活性化を実現させたいとしている。

ドバイに拠点を置くフィンテック企業Wethaqが、エンタープライズ・ブロックチェーン開発企業R3と戦略的提携を結んだことが明らかになった。8月28日、R3のブロックチェーン「コルダ」を基盤に、イスラム法に適合した「イスラム債(スクーク)」の発行を目指すことを同社が発表している。

その発表の中で、R3のブロックチェーン「コルダ」上に構築されたWethaqのプラットフォームは、イスラム債の発行と取引をサポートする市場インフラを改善する目的を持っていることが説明された。

イスラム債発行には従来、時間がかかっている。しかし、今回のプラットフォームで発行過程をデジタル化することにより、イスラム債発行を自動化・効率化する狙いがある。

R3のデビッド・ラッターCEOは、今回の提携の意義を次のように述べている。

「我々の狙いは、中東および東南アジア全体に拡大するために備え、野心的なフィンテックの課題に取り組んでいるサウジアラビアおよびUAEにおいて、世界クラスの金融インフラを構築することだ」

R3の関連記事はこちら

SWIFT、ブロックチェーン企業に自社の決済システムを導入

野村ホールディングス、ブロックチェーン技術を活用した有価証券交換システムの開発に着手

ドイツのメガバンク、機械間の決済システムを開発

Previous 分散型台帳技術プロジェクト:航空宇宙機器メーカー・ボーイングが「デラ・ハッシュグラフ」へ参画か
Next IOTA財団と共同で実証デモ:ジャガーで初めてのフルEV電気自動車「I-PACE」を使用