韓国カカオ参加、クレイトン:分析サイトDApp.comと提携


まとめ
韓国SNSコミュニケーションツールのカカオトーク、そのカカオグループ傘下の「グラウンドX」がブロックチェーン分析サイトDApp.comとの提携を発表した。これにより、同社グループにおける既存のサービスにブロックチェーン技術を組み合わせることでサービス向上に繋げていくとしている。

8月29日、韓国カカオの参加である「グラウンドX」が提供する独自ブロックチェーン「クレイトン」はDapps(分散型アプリ)分析サイト、DApp.cpmとの提携を発表した。これによりクレイトンはDappsのユーザーアクティビティが分析できるようにり、DApp.comはカカオとの提携により数百万人規模の拡大を見込んでいる。

DApp.com、CEOカイル・ルー氏は今回の提供はカカオが韓国国民に広く浸透し利用されている点をあげ、次のように述べた。「ブロックチェーンの問題は、ユーザーのオンボーディング(利用開始方法)だ。 カカオは、韓国で97%のシェアと5000万人のユーザーを有する。同社のブロックチェーンプロジェクトであるクレイトンは、ブロックチェーンを大衆の日常生活に溶け込ませるだろう」

クレイトンによる8つのDappsがすでにメインネットに公開されているとDApp.comは発表している。

また、ルー氏はコインワンやハッシュドなどとともにクレイトンを使ったdApps開発プログラム「クレイトン・ホライズン」に加わることを明らかにした。

クレイトンの関連記事はこちらから。

韓国大手カカオ、ブロックチェーン市場へ参入:イーサリアム勝るネットワークを開発

韓国グラウンドXが開発するブロックチェーンプラットフォームにココネが参画

Previous 大和証券グループの合弁企業が投資ファンドを新設、200億円規模を目指す / DG Daiwa Ventures
Next 2019年ブロックチェーン特許申請トップは中国67%、日本は5%