大和証券グループの合弁企業が投資ファンドを新設、200億円規模を目指す / DG Daiwa Ventures


まとめ
大和証券グループの合弁企業が新たな投資ファンドを新設した。「ブロックチェーン」を中心に昨今流行のテクノロジー分野にフォーカスした投資対象となっている。すでに、日本国内大手企業も多数出資参画が決定しており、動向に注目が集まる。

 

8月30日に、デジタルガレージ大和証券グループが設立したDG Daiwa Venturesは「DG Lab Fund II E.L.P. Cayman(DG Lab2号ファンド)」を組成したことを明らかにした。

現段階で出資参画が決定している企業は、カカクコムKDDI三井住友信託銀行損害保険ジャパン日本興亜を含み、8月末の時点で100億円超の1次募集が完了される。

2020年3月にはファイナルクローズし、ファンド総額は最終的には200億円程度を想定している。DG Daiwa Ventures はDG Lab1, 2号ファンドを合わせ、総額約300億円のファンド運用を目指す。

DG Lab2号ファンドの投資領域は1号ファンドと同様、ブロックチェーン・AI・VR / AR・セキュリティ・バイオヘルスの5つとなる。

DG Daiwa VenturesはDG Lab Fundについて「従来型のVCには無い、『投資 × 世界レベルのR&D機能』を組み合わせ、投資先のインキュベーションを圧倒的に加速する非常にユニークなファンド」と述べた。

ポートフォリオにはBlockstreamGoodpatchWHILLなどが含まれ、8月21日にはIdeinへの出資が明らかとなった。

Previous タイ財務省関税局が、ブロックチェーンの貿易プラットフォームであるTradeLensに参加
Next 韓国カカオ参加、クレイトン:分析サイトDApp.comと提携