日本最大のギフトカード取引所がブロックチェーン導入へ / Amaten


まとめ
日本最大級のギフトカードを取り扱う『Amaten(アマテン)』は、ギフトカード取引すべてにブロックチェーンを導入することを発表した。取引高は年々増加傾向にあり、偽物ギフトカードの流通も問題になっていた。また、デジタルギフトカード発行にも強い関心を示している。

 

ギフトカードの取引すべてにブロックチェーンを導入することを、日本最大級のギフトカードマーケットプレイスである『Amaten(アマテン)』が発表した。

アマテンはaelfと提携し、aelfのプラットフォーム上にブロックチェーンフレームワークを構築する。

アマテンはギフトカードの年間取引高である120億円超をブロックチェーンに置き換える。ブロックチェーンで管理されるのはギフトカードの発行、購入、交換である。

既存のギフトカードは偽造される危険性や紛失時のリスクが高いといったデメリットがあったため、アマテンはギフトカードをブロックチェーンで管理し、所有権の明示や、改ざんの不可能性といったメリットを取り入れる。

ギフトカード市場は成長しており、その規模は世界で36兆円にのぼる。そのうちの2兆円は日本国内で使われており、市場規模は大きい。しかし、2018年には1200億円相当のギフトカードが未利用のままになっているなど、課題も多く残っている。

ギフトカードに利用されている技術について、アマテン会長の金澤朝海氏は「完全に時代遅れで、90年代半ばのものが未だに使われています」と述べた。

さらに金澤氏はaelfとの提携について下記のように述べており、今後の期待がうかがえる。

「私はギフトカード業界がブロックチェーンの完璧なユースケースになると信じています。 2つは完全にまた自然にフィットします。 またサービス、迅速かつ最も費用対効果の高い構築、柔軟なスケーラビリティ、専用サイドチェーン、スマートコントラクトモジュールを提供するため、最高のブロックチェーンテクノロジープロバイダー aelfと提携することを選択しました。 私たちは古く複雑な既存システムを再構築し、真にデジタル化された超高速で不正が不可能な新デジタルギフトカード業界の未来に心から興奮しています。」

アマテンは不要なギフトカードのマーケットプレイスとして2018年に120億円の取引高を達成、同分野では先駆け的な存在となっている。また、現在Google、iTunes、Amazon、楽天、Netflix、Playstation&Nintendoを含む26種類の主要ギフトカードを取り扱っている。

Previous ブロックチェーンの人材不足問題を解決するためには何をすべきなのか? / 米リップル社
Next ブロックチェーン導入で裁判における証拠の保全・大幅な効率化ねらう / 中国司法