NEMブロックチェーン使用の写真投稿型サービスnemgraphの提供開始:NEMによる投げ銭可能に


まとめ
暗号資産NEM(ネム)を使用した写真投稿型サービス「nemgraph」が発表された。ユーザー同士を繋げる新たなコミュニケーションツールとして注目されており、投稿写真の所有権証明やNEMの投げ銭機能、個人間の取引履歴など様々なシーンでブロックチェーンが使用されている。

8月22日、暗号資産NEM(ネム)を使用した写真投稿型コミュニケーションサービス「nemgraph」の提供が開始した。nemgraphは、NEMコミュニティの声から誕生したサービスだ。NEMのブロックチェーン技術による投稿写真の所有権証明や投げ銭機能など、さまざまな付加価値を提供する。写真投稿を通じて、ユーザー同士がつながるソーシャルコミュニケーションツールとなることが可能になる。

nemgraphはNEMのTip機能(投げ銭機能)による寄付ができる。SNSのいわゆる「いいね」ではなく、感動した写真に対し仮想通貨NEM(XEM)を投げ銭することができ、投げ銭の履歴はブロックチェーンに記録されることとなる。

また、RiNG公証機能により投稿者や内容、投稿日時、投稿画像などの関連情報についてもブロックチェーンに記録されることから、投稿写真の所有権を証明することができ、写真の使用権販売も可能となる。投稿写真を無断使用された場合には、RiNG公証を使い、投稿者は投稿の所有権・正当性を主張することができる。
nemgraphでは、使用が許可されている投稿写真については、規定額のNEMを該当ユーザーに支払うことですぐに利用可能となり、ウェブ制作や印刷物に使用することもできる。CGデザイナーや写真家は、新たな販路としてnemgraphを活用することができるようになるという。

nemgraphを利用するにはメールアドレスの登録とパスワードの設定のみで、誰でもすぐに利用を開始することができるが、投げ銭機能の利用や報酬を受け取るためには、NEM Walletの連携が必要ということだ。

Previous アステリア:IoT・AI・ブロックチェーン全部入りのセンサーシステムを発表
Next ブロックチェーン入門コースの提供を開始 / TART, トレノケート