アニメ視聴権をブロックチェーントークン化:クリエイターの新たな選択肢になるか


まとめ
オリジナル短編アニメ映画の視聴権などをブロックチェーントークン化し、限定数販売するサービスがスタートした。視聴者が直接的にクリエイターに対価を還元でき、スピーディーで透明性のある取引が記録されていく仕組み。また、個人が購入したトークンを別の個人と売買することが可能になる。取引ごとにクリエイター側などに一定の金額が還元される。

オリジナル短編アニメ映画の視聴権などをブロックチェーントークン化し、限定数販売するサービスがスタートした。シンガポール拠点のスタートアップBlockPunkと共同で今回の試みを展開するのが、独立系アニメ企画プロデュース会社ARCHだ。

代表の平澤直氏は、その目的や今後のイメージなどを以下のように述べている。

クリエイターとプラットフォームの関係性にいい影響

7月、米ロサンゼルス『Anime Expo 2019』のカンファレンス会場において、『微睡みのヴェヴァラ』が上映された。この作品は、BlockPunkの運営するプラットフォーム上で販売され、そこでは動画の視聴権がブロックチェーン上に記録されるトークン化されることが発表されている。500トークン限定、15USドルでの販売だ。本編映像のストリーミング視聴権に加え、オーディオコメンタリーやアートワーク素材などの特典へのアクセス権もここに含まれることとなる。

「パブリッシャーとして、クリエイターとプラットフォームをつないだ形だ。特典を付与するなど付加価値を整え、実装したという意味では、商材としてのパッケージングにあたる部分も手がけた。買い切り型の動画配信・ESTに近いイメージとなるが、視聴者がより直接的にクリエイターに対価を還元でき、スピーディーで透明性のある取引が記録されていくことが、今後の配信プラットフォームと個々のクリエイターとの関係性の中で大きな意味があることだと考えている。

単純に、コンテンツ流通の形態が新しく増えることとしても、クリエイターにとって新たな選択肢が加わり、生態系が豊かになるということが期待されるのではないか」

今回のプロジェクトは、『微睡みのヴェヴァラ』監督のsyo5(しょうご)氏と平澤氏の出会いから始まった。そこに、平澤氏とBlockPunkとのつながりが重なり合ったのだ。

「syo5氏は、明らかに能力は非常に高いけれど、まだ世間一般には知られていない才能である。一方、BlockPunkのCEOジュリアン・ライハンは、Netflixで全世界のアニメ部門と日本のコンテンツ統括などを手がけていた人物で、以前からの知人だ。彼から、ブロックチェーンを活用したサービスにふさわしい良い作品はないか、と問い合わせがあり、マッチングしたのが今回の経緯となっている。

また、プラットフォーマーとしてのBlockPunkには、既存サービスとは異なるユーザー体験やデベロッパー体験を提供できる大きな可能性を感じている。事実上、改ざんのできないデジタルコンテンツを簡単に販売し、ファン同士での2次売買の際にもクリエイターに還元がされる仕組みとなるため、今回のような動画へのアクセス権だけでなく、より多様な活用法が生まれてくる」

コミュニティ要素のある会員権のブロックチェーン化

ブロックチェーン=独自コインや仮想通貨エコシステムではなく、むしろ分散台帳技術という面にフォーカスしているのがBlockPunkの特徴だ。『微睡みのヴェヴァラ』は、視聴権の根拠となるトークンを500個限定で販売中であり、トークンが完売した場合、個人が購入したトークンをBlockPunk上で別の個人と売買することが可能になる。取引ごとに、プラットフォーム側、クリエイター側へと一定の金額が還元され、記録され続けていくことになる。

またBlockPunkには優秀な映像作品の初トークン化、syo5氏には新たなファン層の開拓と認知拡大という実績がもたらされるが、アーチにとってのメリットとはどのあたりにあるのか。

平澤氏はこれについて、「前提には、アニメ業界のより多くのクリエイターや才能を支える宿木でありたいという思いがある。そのために、まずはリスクをとって先鞭をつけることが大事だと常々考えている。試行錯誤のなかで成功例が生まれていけば、コンテンツの新しい届け方が定着していく。クリエイターにとっての新たなエコシステムの構築を目指している。

現在、日本アニメは20年に1度の産業として変革期を迎えている。制作のワークフロー、マネタイズ方法、ユーザーへの届け方など、すべてが変化する過渡期だ。さらにオフライン興行とオンライン配信のバランスという収益構造の変革の一方で、デジタル化も制作環境の効率化という領域まで進んできている。どういう形で中間素材を入出力してリテイクを戻すのかについてが議論され、より柔軟にプロジェクトに合わせて開発環境がデザインされるようになってきている。

個々のクリエイターと同じくらいエンジニアが重要になりつつあり、数年後にはCTO的な存在がアニメ制作には不可欠になっているのかもしれない」と述べた。

デジタル化によって制作現場での変化が進むのと同時に、完成した作品や、作品の成立過程でのユーザーとのタッチポイントの多様性もより豊かになってきている。オンラインサロンやクラウドファンディング経由など、資金調達のルートも増えつつあり、異業種や海外資本などの出資者もまた多様化してきている。そうしたなか、ブロックチェーン技術には看過できない大きな可能性があるのではないだろうか。

最後に平澤氏は、「今回の『微睡みのヴェヴァラ』では、いわば単品売りという形式を用いたが、たとえば月額課金でクリエイターや作品に対してサポートができる、会員権のような仕組みもブロックチェーンと相性が良いかもしれない。会員ユーザーが毎月何かのサービスが享受できるような、偽造できない限定の会員権だ。そこには単純なESTにはない、コミュニティ要素が生まれてくるはずであり、それはアニメファンの気質とも親和性が高い。また、アニメ制作の現場でのワークフローにブロックチェーン技術が応用できる領域もあるだろう。今後の動向を自分も注目してる」と発言した。

アニメの関連記事についてはこちらから。

アニメニュースを全世界へ発信:ブロックチェーン技術でファンによる翻訳プラットフォーム構築

証明書発行したアニメプリントを販売:アニメクリエイターにより多くの利益を還元

Previous 福岡県飯塚市:“ブロックチェーンストリート”開設の試み
Next NEC・IDB Lab・ビットコインアルゼンチン:ブロックチェーン技術活用のデジタルIDシステム開発について覚書締結