TravelportとIBMが開発:ホテルの予約手数料をブロックチェーンで管理


まとめ
英国の旅行業界向けテクノロジー企業Travelportは、旅行管理会社大手BCD Travelと連携し、IBMブロックチェーンを活用したホテルの予約自動調整システムを開発したと発表した。管理者のいないブロックチェーンを利用するため、ホテル、代理店など全関係者がリアルタイムの予約状況と手数料を共有できる仕組みとなっており、オペレーションの簡素化を狙う革新的な手段となる期待が高い。

8月20日、英国の旅行業界向けテクノロジー企業Travelportは、IBMサービス、旅行管理会社大手BCD Travelと連携し、ブロックチェーンを活用したホテルの予約手数料自動調整システムを開発したことを発表した。

旅行代理店を通じた客室予約の全プロセスをブロックチェーンの分散台帳に記録するにより、正確な追跡や会計管理を可能にし、ホテル手数料処理を最適化することが目的だ。管理者のいないブロックチェーンを利用するにあたり、代理店、ホテルなど全関係者がリアルタイムの予約状況と手数料を共有することが可能になる。

Travelportによると、代理店経由のホテル予約にはさまざまな非効率が存在しているということが明らかとなっている。

シニアプロダクトディレクターのロス・ヴィノグラード(Ross Vinograd)氏は、「旅行者の施設到着後の予約変更、予約しながら現れない人、そして無料宿泊特典などさまざまなハプニングが予約手数料の計算や決済を複雑にし、コスト増や機会損失をもたらす。予約のライフサイクルをブロックチェーン上に置くことで、信頼性、透明性、そして最終的には予約件数が増し、旅行代理店とホテルの双方の費用対効果を高める」と述べた。

旅行代理店側にも、予約の変更をホテルに伝えるのが遅れ、ホテルにオペレーションコストをかけるなどの問題がある。

IBM側の担当者カート・ウェッジウッド(Kurt Wedgwood)氏は、「いつまでも終わらない調整業務に時間を取られることなく、旅行者に集中することができるだろう」と付け加えた。

IBMの関連記事はこちらへ。

ブロックチェーンHyperledgerプロジェクトの野望:IBMやインテルなど業界大手270社が参画

IBM、「Trust Your Supplier」を発表:サプライヤーチェーン管理向けブロックチェーンネットワークを構築

Previous EMURGO、韓国政府公認のモバイルゲーム・ブロックチェーン業界団体とMOU締結:Cardanoブロックチェーン導入促進か
Next ブロックチェーン技術によりデジタル証明書を即時発行 / LasTrust