ガバナンス効率化を目的にブロックチェーン導入 / インド・マハラシュトラ州政府


まとめ
インド西部経済発展著しいマハラシュトラ州政府でブロックチェーン技術の導入計画を承認したことが判明した。年予算15億円を計上し、ガバナンス効率化のために農業マーケティング、サプライチェーン、車両の登録や文書管理に同技術を実装する計画も表明している。

 

インド西部のマハラシュトラ州政府は、ガバナンス効率化のため農業マーケティング・サプライチェーン・車両の登録や文書管理にブロックチェーン技術を実装する計画を明らかにした。インドメディアのDNAが19日に伝えた。

マハラシュトラ州はインドで最も経済が発展している州の1つで、州都は同国の経済中心地であるムンバイである。

マハラシュトラ州政府は17日、ブロックチェーン技術の導入計画を承認、同州情報局がこれを主導する。プロジェクト実行委員会は技術採用の為、2019〜2020年度に10兆ルピー(約15億円)の予算を計上しており、まず4兆ルピーの投入を認めた。

州情報技術局のS.V.R. Srinivas(シュリニバス)首席秘書官は「州政府はガバナンスの効率を高めるために最先端の技術を採用しており、健康・サプライチェーン・文書管理・教育機関の履修証明書の分野で最初のブロックチェーンの実験を完了しました。今後、5・6か月かけてブロックチェーン技術を採用するための一般的なフレームワークである規制サンドボックスを準備します」とDNAの取材に対して答えた

同氏によると州政府は初めに農業マーケティング・サプライチェーン・車両の登録・文書管理システムでブロックチェーン技術を採用したうえで、政府行政の全ての部門に広げていくという。

インドでは、国土が広く、人口構成が複雑なために出生証明書の管理などの行政事務にブロックチェーンを活用する動きが進んでいるのである。

Previous 筑邦銀行が九州初の試み:自治体・商工団体向けに電子地域通貨を発行
Next ブロックチェーン債発行で36億円調達 / 世界銀行