Arcane Officeで情報流出対策を


まとめ
ブロックチェーンベースのプラットフォーム「Blockstack」をご存知だろうか。Blockstackでは、自身のアップロードした写真やファイルの流出するリスクに備えてデータをアプリと切り離して管理する仕組みを採用している。各企業や運営者側のサーバーがハッキングされた時などに備えて有効的な手段として欧米で活用され始めている。

 

GoogleやFacebookを利用していると、運営側に行動データを渡していることを忘れがちだ。さらに、運営者側のサーバーがハッキングにあえば、アップロードした写真やファイルが流出する危険性もある。

欧米では、ユーザーにデータの所有権を移す動きが高まってきている。このような背景から登場した写真や文書を自身で管理できる「Arcane Office」を紹介する。

・データ、アプリ、IDが独立

Arcane Officeは、ブロックチェーンベースのプラットフォーム、「Blockstack」上のアプリである。BlockstackではGaiaストレージシステムを利用して、データをアプリと切り離して管理する。データの保存先はBlockstackプロバイダーによるものの他に、AWSやAzure、Google Cloud Storageなどが選択可能。

Blockstack IDを作成すると、Blockstackブラウザからアプリに接続できる。たとえIDが漏れても、アプリ用のIDとファイルは設計上切り離されているのでファイルにはアクセスできない。

Blockstack ID作成の際に発行されたリカバリーコードやリカバリーキー、パスワード、メールアドレスを用いることで、他の環境からもファイルにアクセスすることが可能になる。

・WordやGoogle Docsのファイルをインポートできる

Arcane Officeを使用すると、使い慣れたレイアウトが表示される。WordやExcel、Google DocsやSheetsのファイルを移すこともでき、操作は簡単である。

Google DocsやSheetsへのアクセスに時間がかかってしまう為、完璧とは言い難いが、自身でデータを管理する選択肢は非常に魅力的である。Arcane Officeを試してみたい方はWebページへ。

Previous 次世代ブロックチェーンTriasとPtmindが業務提携契約を発表
Next 余剰電力の売買テストに成果 / パワーレッジャー社、関西電力