GMOコインとFC琉球、ブロックチェーン活用に向け合意


まとめ
GMOコインはサッカーJ2リーグに所属する「FC琉球」を運営する琉球フットボールクラブと新プロジェクト推進に向けた取り組みを公表した。FC琉球は、2019年度内にブロックチェーン技術を活用した新しいファンクラブサービスの開始を目指すとしている。

 

GMOコインは8月15日、サッカーJ2リーグに所属する「FC琉球」を運営する琉球フットボールクラブと新ファンクラブサービス「仮名:FC琉球コイン(FCR)」プロジェクト推進に向けて、相互協力し合うことで合意した。FC琉球は、2019年度内にブロックチェーン技術を活用した新しいファンクラブサービスの開始を目指す。

これまでFC琉球に対して年間協賛金やJ2昇格ボーナスをBitcoin(ビットコイン)で贈呈するなど、仮想通貨による支援を行ってきたGMOコインは、FC琉球と共同でブロックチェーン技術を活用した地方スポーツクラブの新たな資金調達手法によるチーム運営確立を目指すプロジェクトを推進していく。

新しいファンクラブサービス「FC琉球コイン(FCR)」プロジェクトでは、FC琉球ファン・サポーターに向けたサービスの企画開発を行っていく。企画開発には、ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を開発・運営するグッドラックスリーが協力することも明らかにした。同プロジェクトは、将来的には沖縄県全体でのトークンサービス運用を視野に入れている。

 

Previous 不動産ビジネスにブロックチェーン活用 / 三井住友信託
Next ブロックチェーン利用のドローン特許を申請 / ウォルマート