インフィニト:ブロックチェーン対応ゲーム開発プラットフォームであるCocos-BCXと提携


Handshake with map of the world in background

まとめ
インフィニトは、デジタルゲーム分野首位のCocos-BCX(Cocosブロックチェーンエクスペディション)と正式に提携することが明らかになった。
110万人以上のゲームエンジニアコミュニティを擁するCocos-BCXは、Cocosエンジンと統合された分散型(Daaps)ゲームおよびデジタル資産の開発プラットフォーム基盤を支援し、サービス強化を図っていくとしている。

インフィニト・ウォレットで汎用的なウォレットサービスを提供しているインフィニトは、次世代のデジタルゲーム経済でトップをいくCocos-BCX(Cocosブロックチェーンエクスペディション)と正式に提携することを発表した。

110万人以上の最大級のゲーム開発者コミュニティを持つCocos-BCXは、Cocosエンジンと統合された分散型ゲームおよびデジタル資産の開発プラットフォームとしてデジタル資産の経済モデルを構築した。さらに開発者とプレイヤーのどちらに対しても、生成したコンテンツデータの資産化と商業化を支援することを可能にした。

インフィニトでは、ゲームはもっとも早く一般に普及する重要なユーザー向けブロックチェーンアプリケーションであると予測している。また、複数ブロックチェーンをサポートする新しいゲームエンジンとそのオープンな開発環境であるCocos-BCXで提携することで、ゲーム分野への取り組みを強化する方針だ。

今回の提携で、インフィニトは今年中にCocos-BCXのトークンとメインネットを自社サービスに統合し、Cocos-BCXの戦略的ウォレットパートナーになることを目指している。実現すると、インフィニト・ウォレットのユーザーは主要な14種類のブロックチェーンとその暗号資産に加えて、市場でもっとも需要の高いゲームアプリ(DApps)も利用可能になる。さらに今年11月には、AMA、エアドロップ、報酬プログラムなどのマーケテイング活動を共同で実施することで提携を強化したい考えだ。

インフィニトのグローバルな提携は革新的なものであり、自社エコシステムを急速に成長させている。さらにCocos-BCXとの提携はそれを加速させることができる。Cocos-BCXが導入する新しいゲーム規格のNHAS1808は、ゲーム開発者に便利で完璧な開発環境を提供し、ブロックチェーンゲーム業界の革命を促進することを目的としている。INFTトークンが間もなく取引所に上場されることと併せ、このプロジェクトはブロックチェーンが広く一般に普及する呼び水になるだろう。

 

Previous ドローン×ブロックチェーンがもたらす防災新次元に期待の声
Next 慶應義塾大学:スタートアップと共同で就職活動に関する新プロジェクトを開始