TIS、ゲーミフィケーション・プラットフォームをオラクルのクラウドにて構築:社員の事業創出へ意欲を高めることに繋がるか


まとめ
TIS株式会社が、事業創出に向けた独自トークンを発行する。日本オラクルの技術を採用し、ブロックチェーン・自律型データベース・アプリケーション高速開発ソリューションで、安全で透明性の高いユニット内トークン流通基盤を実現していくとしている。

日本オラクル株式会社は本日、トータルSIerとして幅広い業界・分野でサービスとソリューションを提供するTIS株式会社が、事業創出に向けた社員の意識改革およびビジネス・クリエーション文化を生成するために発行する独自トークンを用いたゲーミフィケーション基盤構築に、「Oracle Blockchain Platform Cloud」、「Oracle Autonomous Database Cloud」、および「Oracle Application Express (APEX)」を採用したことについて発表した。

今回、独自トークンを活用したのは、TISのサービス事業統括本部エンタープライズ営業企画のユニットだ。TISインテックグループの基本理念としている「OUR PHILOSOPHY」のさらなる浸透や、ビジネス・クリエーション文化醸成を目的にユニット内独自トークンを活用したゲーミフィケーションの仕組みを利用した。同社のブロックチェーン専門部隊であるBlockchain推進室と共に構築し、2019年7月から一部稼働を開始することが予定されている。さらに、これからは関連ユニット全体で600名への展開を見込んでいる。

具体的なものというと、ユニット内でのビジネス・プレゼン大会での施策や企画、「OUR PHILOSOPHY」に準じたチーム内への新たな働きかけ、新サービスのアイデア投稿などがあげられる。これらは社員の意識改革や文化醸成につながるものに対してトークンが付与される仕組みを構築し、モチベーションの向上と意識改革の加速につなげることを目的としているという。

これらの構築において、TISはユニット内トークンの流通に安全かつ透明性の高いシステムを実現するためブロックチェーンの活用を検討している。なぜなら事前に構築済のフルマネージド・サービスを用いることでブロックチェーン基盤の構築や運用が容易になるからだ。さらに分析や検索などの機能拡張のためのデータベースやアプリケーションと迅速に連携可能な点も評価され「Oracle Blockchain Platform Cloud」を採用することとなった。

またデータベースには、世界初の自律型データベース・クラウドであり、優れた可用性や高パフォーマンスを提供しつつ、機械学習を用いることで運用の負荷を大幅に削減できることから「Oracle Autonomous Database Cloud」を選択している。そして、開発基盤としてはクラウド・ネイティブアプリケーションの高速開発ソリューションであり、TIS自身も豊富なノウハウを持つ「Oracle APEX」を利用する。オラクルの充実したクラウド・サービス群を活用することで、将来に向けたサービス拡張が容易な点も高く評価されたことが大きな点である。

今後TISのエンタープライズ営業企画ユニットでは、サービス指向な組織への変革に向けて、今回開発した仕組みを積極的に活用し、機能拡張やデータ分析を通じてさらなる意識改革浸透を高める施策を検討、実施していくことがすでに明らかになっている。また、TISが提供している人材マネジメント基盤の構築と人材データ活用を支援する「Oracle HCM Cloud活用サービス」などの他サービスとの連携、サービス化して販売していくことも検討されている。

Oracle Blockchainについて

「オラクルは、ビジネスですぐに利用可能な「Oracle Blockchain Applications Cloud」や自社のアプリケーション構築または統合が必要な開発者向けに「Oracle Blockchain Platform」など、包括的なブロックチェーン製品を提供している唯一のベンダーです。 Oracleのブロックチェーン・アプリケーションは、「Oracle Blockchain Platform」で構築されており、「Oracle Supply Chain Management(SCM)Cloud」、「Oracle Enterprise Resource Planning(ERP)Cloud」およびその他のOracle Cloud Applicationとシームレスに接続します。

既に多くのお客様の実業務で活用されている「Oracle Blockchain Platform」は、エンタープライズクラスの機能を備え、容易に導入可能で、開発も迅速に行え、お客様のブロックチェーン構築を加速し、コストを削減します。」と日本オラクル株式会社はコメントしています。

 

Previous 創業100年、野村の“再定義”決定:ブロックチェーン、技術と人で未来の顧客を確保か
Next ビール最大手ABインベブ:アフリカの小規模農家をブロックチェーンで支援