日商エレクトロニクス、meetupラボ設立:DX技術活用したデータ利活用の場を提供


まとめ
日商エレクトロニクス株式会社が、社内に「DX meetupラボ」を設立した。AIやブロックチェーンなどを含むIT技術活用や実証実験、研究活動だけでなく、データ駆動型社会に新しい価値を届けるビジネスの開発を目指していく。またパートナー企業のそれぞれの強みやネットワークを駆使してビジネスチャンスに繋げていきたいとしている。

7月30日、東京都千代田区に本社を置く日商エレクトロニクス株式会社は、本日7月30日、同社内に「DX meetupラボ」を設立したことを発表した。

今回の設立を通して、AI、ブロックチェーン、IoTなどのDX技術により信頼性と透明性が確保されたデータを利活用する場を提供するとともに、パートナー企業間の連携を推進する触媒の役目を果たすことを目的としている。

同組織の活動内容は以下の4点。

  • パートナー企業間の連携を促進し、エコシステムの拡大とコミュニティづくり

  • ビジネス開発、サービス開発の支援

  • 物流、電力・エネルギーの領域におけるソリューション開発

  • 調査・研究活動、および対外情報発信

双日グループのICT中核事業会社である同社は、そのネットワークを生かし、DX技術に精通する企業、システム・サービス開発企業、データ流通コンサルティング企業などの幅広い業界団体を「DX meetupラボ」のパートナーとする。また、今後は物流、電力・エネルギーの領域に強みを持つパートナーを拡大する狙いだ。

責任者には同社のDX事業本部長である細井達夫氏が任命された。また、カウラ株式会社から2名、株式会社チームAIBODの創業者1名、計3名を設立アドバイザーとして運営を進める。

2019年秋には「DX meetupセミナー」を開催し、アドバイザーによる講演を実施予定。物流、電力・エネルギー分野のパートナー企業とともにエコシステムやコミュニティを立ち上げようとしている。

Previous 新経連、ブロックチェーンと暗号資産に関する要望を金融、経済産業及びIT担当大臣宛てに提出
Next LINE株式会社、既存のブロックチェーン活用サービス停止へ:金融分野の拡大に向け方向転換