コードベース:大麻セクターとブロックチェーンベンチャーへの投資に注目


まとめ
新興分野への戦略的投資を行う投資会社のCodebaseは、革新的なビジネスチャンスになると考える「大麻分野」と「Blockchain関連技術」に対して投資対象候補であることが明らかになった。

新興分野への戦略的投資を行うことを使命とする投資会社、Codebaseは、今後の格的なビジネスチャンスとして、大麻業界と暗号資産のブロックチェーン業界に投資すると発表した。

すでにCodebaseの経営陣はカナダの証券取引所に複数の上場大麻企業を設立し、多大な利益を株主にもたらしている。

Codebaseは世界中でCBDの合法化および大麻地域と国の成長に伴う市場開拓の初期段階で戦略的に投資を行う最適な立場に位置していると言える。

Token Argencyプレジデント兼CEOのGeorge Tsafalas氏は、次のように述べている。「5-7年前にカナダが大麻合法化のために歩んだ道を現在歩んでいる英国などのヨーロッパ地域や国にととえも多くな成長機会を見込んでいる。これから最大の利益を得るためにこれらの国の市場に今投資しなければならないと考える。」

Codebaseは、Code Cannabis Investmentsという専用の投資子会社を設立している。この子会社の目的は、大麻とCBDの業界資産と、英国やヨーロッパなどの市場で需要の高い分野に合わせて拡張できる新興企業の特定となっている。

「ブロックチェーンと麻薬業界は投資の観点から見て非常に高い見通しを持つリーダーや起業家の起業性など同じような特徴を持っており、今後に大いに期待できる」とTsafalas氏は述べた。

Previous Verizonのエンジニア求人広告:ブロックチェーンの関心度の増加
Next 日マイクロソフト、ラウンドテーブル開催:ブロックチェーン活用したソリューションの提供