現在のブロックチェーン基盤:取り替えが2年以内に必要となる


まとめ
ブロックチェーンが生み出す多くのメリットに対する宣伝文句が先行した結果、ブロックチェーンの周辺ではさまざまな問題が生じているという意見が出ている。Gartnerは、安全性を確保し、陳腐化を防ぐためにブロックチェーン基盤の取り換えが必要と主張している。

2021年までに企業が現在使用している実に90%のブロックチェーン基盤は、新しいものに交換する必要があるといわれている。

調査会社Gartnerは、競争を優位に進め、安全性を確保し陳腐化を防ぐには、新しいブロックチェーン基盤を入れ替えなければならないとしている。同社のシニアリサーチディレクター、エイドリアン・リー氏によると、CIO(最高情報責任者)の多くはブロックチェーンプロバイダーやサービスプロバイダーのサービスを評価する際、機能と短期的メリットを過大評価したことで「非現実的な期待」を生み出してしまったと述べた。

「ブロックチェーンは新たなプラットフォームとなる。現時点では、ほとんどコアブロックチェーン技術との見分けが付かないものもある」とリー氏は付け加えた。

現時点で市場にあるブロックチェーン基盤としては、「Ethereum」「Hyperledger Fabric」「IBM Blockchain」「MultiChain」「Ripple」「Corda」などがあげられる。「ブロックチェーンサービスは断片化し、機能が重複することも、補完的に使用されることもよくあるのだ。それが企業のIT購入担当者を混乱に陥れている」と同氏はいった。

「ブロックチェーンベンダーの典型的な売り文句が事態を悪化させているのだ」とも述べた。

Previous 国内有数の不動産ポータル、利用者に自社アプリトークンを発行
Next Verizonのエンジニア求人広告:ブロックチェーンの関心度の増加