国内有数の不動産ポータル、利用者に自社アプリトークンを発行


まとめ
ブロックチェーン対応不動産ポータルサイト不動産屋.co.jpが、同サイト経由で、物件掲載中のパートナー不動産会社の賃貸物件契約者に、同社発行トークンを配布する。不動産屋.co.jp は、オープン直後から、約40万件を扱っており、国内有数の不動産ポータルに急成長している。

 不動産テック、ブロックチェーン技術のツバイスペースは、自社の不動産ポータルサイトの利用者に、同社発行の不動産アプリトークンである「ZWEICOIN」をプレゼントすると発表した。

同社のパートナー不動産会社の店舗での賃貸契約を、このサイト経由で行った方が対象。今回は、同社の日本におけるグループ会社不動産屋名鑑株式会社が運営する賃貸ポータルサイト「不動産屋.co.jp」 の利用者にいち早くプレゼントするという。

同社のブロックチェーンに対応した不動産ポータルサイト「不動産屋.co.jp」は、オープン直後から既に100社以上の不動産屋が掲載を開始しており、現在、約40万物件を扱うなど、国内有数の不動産ポータルに急成長している。

世界で最初に不動産ブロックチェーンの特許を取得したツバイスペースは、不動産テックで早くもその高い技術を世界のプロフェッショナルから評価をうけているが、世界各都市でのカンファレンスで同社が登壇するなど、その技術の高さはブロックチェーン業界でも急速に認知がすすんでいる。

また、自社の不動産アプリトークン「ZWEICOIN」は、独自のウォレットの他、イーサリウムのERC20規格にも対応。現在は独自の不動産テックアプリや不動産エコシステムでの利用が可能となっている。

ツバイスペース、不動産ブロックチェーンに関する記事はこちら

Previous 空き家対策でブロックチェーン登記:ツバイスペース、新型不動産仲介サービス開始
Next 現在のブロックチェーン基盤:取り替えが2年以内に必要となる