ブロックチェーン:シェアリングエコノミーへの影響


まとめ
ブロックチェーンは、シェアリングエコノミーの新たなビジネス分野と相性が良いとされている。個人間での商品やサービスの入手や提供、共有利用において、それら取引履歴をブロックチェーンで管理する方法は画期的とされれている。実際、AirbnbやUberなどの大手企業が目をつけているのも事実である。

ブロックチェーンは「single version of the truth」(唯一の真実)と定義されるが、不変かつセキュアなタイムスタンプ付きの台帳を複数の参加者が保持することで実現されている。従って、ブロックチェーンは金融サービスやヘルスケア、政府関連といった、確立された業界での応用も考えられるのだ。

さらにシェアリングエコノミーと呼ばれる新たなビジネス分野でも、ブロックチェーンは役割を果たす可能性が大いにある。個人間での商品やサービスの入手や提供、共有利用と定義されているこのビジネスモデルは、急速に伸びつつある。またコミュニティーベースのオンラインプラットフォーム上で実現されている場合が多いのだ。

シェアリングエコノミーに基づくサービスを提供している有名企業の例として、AirbnbUberが挙げられる。空いている部屋やアパート、家の所有者と、間借り人や旅行者を結びつけるプラットフォームを用いて短期滞在先を提供するのがAirbnbである。またUberではモバイルアプリを用いることで、タクシー会社に所属していない最寄りのドライバーとやり取りできる輸送サービスを提供している。

UberやAirbnbといった企業はユーザーが自社ネットワークに価値をもたらしてくれることを前提にしていると、ブロックチェーンテクノロジーの研究や開発を支持する専門家や賛同者で構成されるBlockchain Councilはいう。

Blockchain Councilは「(UberやAirbnbが前提にしている)このモデル問題は、生み出された収益が、コンテンツの生成に貢献した全員に適正に配分されないところにある」とする一方で、「Ethereum」のようなブロックチェーンアプリケーションが、スマートコントラクトとしてのセキュアかつ分散されたかたちでソフトウェア配備を可能にしているのは、中央集権的な要素を排したブロックチェーンの性質ゆえなのだと説明している。

さらに、Blockchain Councilは「これにより、巨額の収益をもたらすプラットフォームを稼働させるための大規模データセンターに依存しなくても、ブロックチェーンを実装したソフトウェアは済むようになる。そして現時点で、分散化とユーザーに対するより公平な報酬という原則に基づいて動作する『Steemit』のようなブロックチェーンベースのプラットフォームが登場している」といった。

Previous 野村HD,野村総研がブロックチェーンで社債取引システムの実用化へ
Next ネット不動産仲介会社イタンジ、オンライン上の賃貸契約実現に向けたサービス開始