メディアドゥ、電子書籍市場の実証実験プロジェクトを拡大


まとめ
株式会社メディアドゥはブロックチェーン技術(コンソーシアム型のHyperledger Fabric)を活用した新たな電子書籍流通プラットフォームについて、実証実験(PoC)を終え、プロジェクトのさらなる推進に向けたエンジニア採用強化を明らかにした。サービス実用化の本格稼働に向けたスタートとしていきたい意向だ。

7月19日株式会社メディアドゥは、ブロックチェーン技術を活用した新たな電子書籍流通プラットフォームについて、実証実験(PoC)を終え、プロジェクトのさらなる推進に向けてエンジニアの採用を強化する方針を明らかにした。実験段階の同プロジェクトにおいて、同社はコンソーシアム型ブロックチェーンのHyperledger Fabricを採用している。

株式会社メディアドゥホールディングスの子会社であるメディアドゥはLINEマンガやpixivコミックなどにコンテンツや流通基盤を提供している。電子書籍流通シェアは37%で電子書籍取次の分野においては国内最大手である。

インプレス総合研究所調べによると、電子書籍市場は2018年度予想2550億円まで成長している。一方で2018年にMMD研究所が実施した電子書籍の利用に関する調査結果によると、調査対象者のうち55.3%が「電子書籍を一度も利用したことがない」と回答したという。あげられた理由として、無形物である電子書籍と紙媒体との扱いの違いなどだ。

同社の新基盤では、電子書籍自体への不安を解消し、1人でも多くの消費者に受け入れられることを目指すという。

ブロックチェーンを用いて電子書籍の所有権をトークンで発行すれば、トークンの売買による中古販売やユーザー間の受け渡しが可能になる。トークンの発行数・流通量に透明性が担保されるため、ユーザーは本の人気度を客観的に量ることもできるだろう。

ブロックチェーンを活用した電子書籍の海賊版対策や2次流通プラットフォームの構築に向けて国内外でいくつかの実証実験が行われているが、メディアドゥはサービス実用化の本格稼働に向けたスタートとしていきたい意向だ。

Previous 電気自動車におけるブロックチェーンの有用性
Next 3社共同で副業向け労災保険サービスの開発を開始:需要高まる副業に向けて勤怠管理