丸紅、リトアニアのスタートアップ企業と締結:電力分野におけるプラットフォーム開発に参入か


まとめ
丸紅が再生可能エネルギーを売買するためのオークションプラットフォームを開発するリトアニアのスタートアップ企業と普通株転換権付融資拠出についての契約締結が明らかになった。丸紅はWePower社のビジネスモデルの世界展開を後押しする意向だ。

2019年7月、日本の大手総合商社丸紅はプラットフォーム開発のWePower UAB社との間で、普通株転換権付融資拠出に関わる契約書を締結したことが明らかになった。

WePower社は、2017年にリトアニアで設立されたスタートアップ企業。再生可能エネルギーを売買するためのオークションプラットフォームを開発している。ブロックチェーン技術を活用し、再生可能エネルギーの調達を望む法人消費顧客と、再生可能エネルギー発電事業者をオークション形式でマッチングすることにより、容易に電力売買契約の締結を可能とする。

このプラットフォームにより、法人消費顧客は電力消費量の多寡に関わらず、短期間で安価な再生可能エネルギーを調達でき、また、将来的な需要変動時に購入した余剰分を売却するなど、より柔軟な電力調達が可能になる。一方、発電事業者は、固定価格買取制度などの再生可能エネルギー振興策に代わる、安定した収入を確保することが可能としている。

現在、WePower社は、多数の再生可能エネルギー案件の開発が見込まれる豪州での事業化に注力しているが、今後は豪州以外の地域へのビジネス拡大も検討している。丸紅は、世界各国に有する発電事業や電力小売事業、電力業界・市場に関する知見を活用し、WePower社のビジネスモデルの世界展開を後押しすることで、再生可能エネルギーの普及に貢献することを目指す。

WePower社のような革新的なサービスを創出しているスタートアップ企業に対して、丸紅は業界における既存の枠組みを超えて社会課題の解決につながる新たな価値創造を目指し、スタートアップ企業との連携を積極的に検討する方針だ。

Previous Apple共同創業者、マルタ拠点のブロックチェーンスタートアップに投資
Next ブロックチェーン推進協会代表が講演、ブロックチェーン活用における可能性について語る