エイベックス子会社、新たなブロックチェーン技術の開発へ:デジタルコンテンツに証明書を付与


まとめ
エイベックス・テクノロジーズは、ブロックチェーン技術「A trust(エー トラスト)」を発表した。特定のデジタルコンテンツに証明書を付与し、所有権の明確化を確立させるプラットフォームにする意向だ。

7月18日、エイベックスの子会社であるエイベックス・テクノロジーズは、ブロックチェーンを活用して特定のデジタルコンテンツに証明書を付与する技術「A trust(エー トラスト)」を開発すると発表した。

同技術では、デジタルコンテンツに証明書を付与し、購入者が証明書付きのデジタルコンテンツを所有できるようにする。また、決済とブロックチェーン上のデータを明確に分離し、決済は法定通貨でブロックチェーン上に証明書を発行できる仕組みを構築する。これにより、既存のデジタルコンテンツの販売プラットフォームにも適用できるという。

比較的コピーが容易であるとされるデジタルコンテンツでは、違法流通などが起きやすく、権利者の事業機会が損なわれるなどの影響が懸念されている。

そのような問題の解決に向けて、正規のデジタルコンテンツを証明すると同時に著作権も証明する仕組みを開発することで、権利者を保護しながら国内外での適切なデジタルコンテンツ流通を目指す。

Previous 証明書発行をより身近に:ALIS、ブロックチェーン活用した権利証明サービスを開始
Next 世界的認証機関DNV GL、ブロックチェーン企業と共同事業を開始