グノシー創業者福島氏、取締役を退任:ブロックチェーン子会社をMBO


まとめ

ニュース配信アプリを運営するグノシーは、ブロックチェーン子会社のLayerXをマネジメント・バイアウト(経営陣による買収、MBO)で事業譲渡することを発表した。昨今のブロックチェーン領域の市場環境に、今後の自社ビジネスとしての不透明さが増したことが背景にあるという。ブロックチェーン業界の熾烈な戦いの幕開けを意味しそうだ

ニュースキュレーションアプリなどを主力とするグノシーはブロックチェーン子会社のLayerXを、グノシー創業者の福島良典氏にマネジメント・バイアウトつまり経営陣による買収、略してMBOで事業譲渡すると7月12日に発表した。福島氏はグノシーの取締役から退任し、特別技術顧問に改めて就任する。

LayerXは2018年8月、ブロックチェーン関連事業の研究・開発を目的に子会社として設立された。金融系ベンチャー起業のAnyPay社と双方50%ずつ出資したジョイントベンチャー企業として設立された。

なお、AnyPayによると本日時点の出資比率については「回答を差し控える」とのコメントをしている。

AnyPayは記事公開後の7月12日夜に「株式会社LayerXの株式譲渡に関する基本合意書締結のお知らせ」を配信した。保有株式を全て福島氏にMBOの手法で譲渡する方針を表明した。

今回のMBOに至ったのは、LayerXの代表取締役社長である福島氏からの申し出を受けたのを起因としている。ブロックチェーン領域の市場環境は厳しさと不透明さが増したことによる変化に対応するため、MBOを受け入れたと言われている。

同日に発表された、2019年5月期のグノシーの通期決算資料より、売上高は前年度比134%の約150億円、営業利益は約23億円(同118%)であることが明らかになっている。広告事業「Gunosy Ads」が過去最高の売り上げとなったことが影響したと推測されている。

Previous KDDIブロックチェーン導入検討か:au Walletやau PAYの決済基盤に開発展開
Next 日本初:ブロックチェーン特化型ファンド「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」が運用開始