KDDIブロックチェーン導入検討か:au Walletやau PAYの決済基盤に開発展開


まとめ

野村HD、伊藤忠商事、JR東日本、電通などが大株主となっている株式会社ディーカレット。同社への出資を今回明らかにした一社であるKDDI株式会社は7月11日、ディーカレットへの出資について、今後「決済・金融事業」を強化する狙いがあることを発表した。

暗号資産取引所DeCurretを運営する株式会社ディーカレットは第3者割当増資による34億円の資金調達を発表した。

7月11日、同社の引き受け先の1つであるKDDI株式会社は決済・金融事業を強化を狙いディーカレットへの投資を行なっていることを発表した。KDDIが提供するau Walletやau PAYなどの決済基盤と、ディーカレットが保有する暗号資産・ブロックチェーンに関する技術やノウハウを掛け合わせることで、デジタル通貨ビジネスを推進するとのこと。

ちなみに今回ディーカレットの第3者割当増資には以下の企業が参加した。

  • インターネットイニシアティブ
  • KDDI
  • コナミホールディングス
  • 住友生命保険
  • 大同生命保険
  • 明治安田生命保険
  • 中部電力
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 松井証券
  • エネルギア・コミュニケーションズ
  • 綜合警備保障 (ALSOK)
  • 凸版印刷
Previous 金融庁一般向けにコンペを開催:ブロックチェーン技術等を用いた金融システム改善へ
Next グノシー創業者福島氏、取締役を退任:ブロックチェーン子会社をMBO