東京工業大学の研究グループがパブリックブロックチェーンのシミュレーターを開発


まとめ
東京工業大学 情報理工学院の研究グループは、パブリックブロックチェーンのシミュレーター「SimBlockouter」を開発し、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開したことを発表した。今後もセコム科学技術振興財団協力のもと研究を進めていき、更なる技術提供をしていきたい狙いだ。

情報理工学院の研究グループ(東京工業大学)が、パブリックブロックチェーンのシミュレーター「SimBlockouter」を開発、オープンソースソフトウェアとして公開した。

同シミュレーターを利用することによって、PC上でブロックチェーンネットワークを模擬することが可能になり、性能や安全性を検証することができる。1万台近くあるノード群の振る舞いをインターネット上でシミュレートし、ノードの挙動を比較的簡単に変えることができるという。

したがって、改良や新手法がブロックチェーンにどのような影響を与えるのかをPC上で調べるだけでなく、ビットコインなどの既存するブロックチェーンの改良、独自に考案したブロックチェーンの性能や安全性を検証することが可能だ。

同研究は、セコム科学技術振興財団の研究助成を受けており、同研究グループは、SimBlockを活用しブロックチェーンの性能を向上させる研究を続けていく。また、ブロックチェーンへの攻撃手法と対策をシミュレートし、安全性を向上させる研究にも取り組むとしている。

Previous 福島県のIT拠点にブロックチェーンベンチャーのソラミツが進出
Next BlockBase、ブロックチェーン (NFT)による原盤権のトークン化を試みる