独ベルリン発、2名の元会社員がエネルギー市場の刷新へ


まとめ
独Lition AGは、ブロックチェーンを用いたピアツーピア(P2P)取引きにおいて個人間でグリーンエネルギーの生産者と直接送電できる仕組みを開発した。大手電力会社の介入がないため、ユーザーは電力代を20%ほど節約でき、生産者も30%ほど利益が増えたという。今後もユーザーは急激に拡大していくとされている。

Richard Lohwasser博士とKyung-Hun Ha博士は、ベルリンにあるエネルギー会社に勤務していた2015年に出会って以来、テクノロジーを用いて業界を変革することに情熱を注いでいた。その2年後、2人は、ブロックチェーンを用いたピアツーピア(P2P)の取引きモデルを立ち上げるために「Lition AG」を設立した。

同社のサービスによって、消費者はグリーンエネルギーの生産者と直接つながることができる。好みの生産者から直接電力を購入することができ、持続的であると同時に、仲介者を経由しないため、従来に比べて透明性と経済性が高いとしている。

ユーザーは電力代を20%ほど節約でき、生産者も30%ほど利益が増える。同社は、消費者が生産者を選択できるようにした。両氏は、ドイツ政府に電力を販売するためのライセンスを申請、2018年4月に取得した。

同社は、サービス会社BASの協力を得て地元のグリッド運営者と提携し、政府の認可を受けた電力供給者として最大4100万世帯を対象にサービスをリリース。また、問題意識を共有するSAPと組み、次世代ブロックチェーン技術の開発に取り組んだ。

Lohwasser氏は「我々が目指すのは、高度な拡張性を備え、安全で、データ削除機能を持つ商用プロダクト向けのパブリック・プライベート・ブロックチェーンだ」と述べた。

Previous シティーデジタル、スニーカーの真贋を保証するオークションプラットフォームを提供
Next Keychain、中部電力が共同でブロックチェーンを用いた個人間取引の実証実験を実施