トランス・コスモス、ブロックチェーンを活用したアプリ開発に着手


まとめ

トランスコスモスは国内初となるブロックチェーンを活用した本格的なコンタクトセンターアプリケーションの開発と実証実験の開発準備に着手したと発表した。顧客の膨大な情報管理が安全にされ、かつ簡素化される。また、情報漏洩リスクも大幅に下がる。

6月27日、トランス・コスモスは、ジャスミーが提唱する「Jasmy Initiative」に参画し、ブロックチェーンを活用した本格的なコンタクトセンターアプリケーションの開発を行うと発表。実証実験に向けて本格的な開発準備に着手している。これは国内では初めての試みであり、具体的なアプリの配布や実証実験の時期と実用化については順次発表予定。

両社は2018年12月から新しいコンタクトセンタープラットフォームにおいての共同事業を検討しており、双方が保有するノウハウ、技術、開発力を統合することで新しいブロックチェーン技術やloTの応用を可能にすると示唆していた。

今回の試みは、ジャスミーがJasmyloTプラットフォームの普及促進を目的として設立した「Jasmy Initiative」にトランス・コスモスが参入した形で実現した。会員企業とともに開発環境・プラットフォームの提供、開発支援、技術支援をしながら、次世代のコンタクトセンターの実現を目指す。

通常、コールログや対応履歴はコンタクトセンター側のサーバーに管理保有されるが、コンタクトセンターアプリでは顧客自らの管理を可能にする。また、顧客側で保有するデータは、ブロックチェーン技術の分散処理によって安全に保有されるとのこと。そのため、顧客が再度コンタクトセンターに連絡をとっても、過去履歴や状況を改めて説明するといった手間がなくなるという。

また、コンタクトセンター側も膨大な個人情報を保持する必要性がなくなり、余剰労力、情報漏洩リスクともに大幅に下げることができる。さらに、顧客の了承を得た上で匿名化したデータとしても活用可能だ。

顧客側は、自身の履歴・ログデータを複数の会社に提示する。それにより、顧客はさらに手厚いサポートが受けられ、重複した説明などの手間が省けると見込まれている。

Previous SWIFT、ブロックチェーン企業に自社の決済システムを導入
Next インドでブロックチェーンベースのコーヒー市場が開設