SWIFT、ブロックチェーン企業に自社の決済システムを導入


まとめ

国際大手送金企業SWIFTは、独自の決済システムを複数のブロックチェーン企業に導入することが、SWIFTの公式発表 にて判明した。銀行や送金業社のみならず、貿易金融などに向けて積極的にブロックチェーンと自社の決済システムの融合に本格的に取り組んでいることは業界にとって明るい話題だ。

SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication:国際銀行間金融通信協会)は、独自の決済システムGPI(グローバル・ペイメントペイメント・イノベーション)を複数のブロックチェーン企業に導入することを発表した。

SWIFTの公式発表によると、決済におけるプロセスの大幅な削減を目的として、GPI決済システムをDLTベースのプラットフォームに実装する予定だという。
今年の1月には、米ブロックチェーン企業のR3と連携し、自社のGPIにおいて貿易向けとeコマースのブロックチェーン実証実験(PoC)を行うことを発表。R3は今回のパートナーシップについて、「SWIFTのGPIはCorda Settlerを直接に統合し、Corda上で生じた決済のオブリゲーションを成長する膨大なGPIネットワークで決済可能にする。」と言及した。

SWIFTは、どのブロックチェーン企業と連携してGPIの普及を進めていくかについて、詳しい明言はしていない。しかし、SWIFTが銀行や送金業者のみならず、貿易金融において自社の決済システムとブロックチェーン技術の融合に積極的に取り組んでいることは今後の業界の拡大を示唆するものであり、喜ばしい知らせであろう。

Previous スターバックス、ブロックチェーン技術を用いてコーヒーのトランザクション追跡を検証
Next トランス・コスモス、ブロックチェーンを活用したアプリ開発に着手